不動庵 碧眼録

アクセスカウンタ

zoom RSS 知らない事は怖い

<<   作成日時 : 2017/08/29 18:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

もう四半世紀以上も前の話ですが、留学時代に「レッドオクトーバーを追え!」という映画を観賞しました。ショーン・コネリー主演です。ソ連の最新鋭極秘弾道ミサイル潜水艦が、艦長以下主要士官ごと米国に亡命するという話です。原作が書かれたときはソビエト連邦は健在でしたが、映画化したときには既にソビエト連邦はなく、新生したロシア連邦が経済的に苦しみもだえていた頃です。冷戦は終わったものの、まだその余韻冷めやらずという感じで不思議な気がしたものです。

映画のオープニング曲は勇壮にロシア語で歌われていたのですが、当時は何を歌っていたのか分かるはずもなく。ただカッコよかったので繰り返し聴いていただけでした。意味を知ったのはロシア語を勉強し始めたつい最近です。
この曲は米国人ルームメイトやその友人たちにも聴かせましたが・・・ほぼ全員、何語かそもそも分かりませんでした。これは考えさせられました。ICBMの照準を合わせている相手の言語を全く知らないとはショックでした。
私はゴルバチョフさんを大変尊敬していて、間もなく崩壊するソビエト大使館から無料だったので隔月で頂けるちょっとしたパンフレットを送ってもらっていましたから当時から興味はあったのでしょう。でも基本、ロシア人に対する知識というか概念はほとんど無知だったと思います。しかしアメリカ人も同じぐらい無知だったのには驚きました。

2011年3月11日、東日本大震災が起こり、近年にない大災害をもたらし、人災によらない初の自然災害による原子力発電所の爆発が起きました。これは人類全てが恐怖しました。私も海外の友人から多くの避難オファーを頂きましたが、決して逃げるほどではないと冷静に計算したものです。

福島原発の爆発
画像


放射能は恐ろしい、これは間違いありません。放射能は深刻な被害を生物にもたらします。しかし私たちは一体どの位それを知っているのでしょう。太平洋に放射能が広がるチャートを見て多くの欧米人はパニックになっていましたが、7割ぐらいはその無知さに呆れた感じでした。
放射能が本当に深刻なら、現在120万人の人口を擁する広島市はどうなのか?40万人以上の人口がある長崎市は?

広島市 人口約120万人 原子爆弾リトルボーイ(15KT)の空襲を受ける。
画像


長崎市 人口約42万3千人 原子爆弾ファットマン(22KT)の空襲を受ける。
画像


そんなことより第2次世界大戦後から現在までに行われてきた核実験で使われた核爆弾の放射能は道なんでしょう?ビキニ環礁で爆発させた水素爆弾の残滓は?それだけではないでしょう?何十発も(地表爆発は23発だそうです)核兵器を爆発させるのと、4基の原子力発電、どちらが被害が大きいのか、考えます。原発は破壊するために造られたわけではありません。爆弾は効果的に破壊するために造られました。

ビキニ環礁での水爆実験 水素爆弾(15MT:広島型原爆の1000個分)
画像


ちなみにラスベガス近郊でも核実験が行われた。嘘みたいな話だが街からも原子雲が見えた。もちろん今でも広島、長崎同様に繁栄している。
画像


・・・これらが大量に爆発された太平洋では一部閉鎖されていますが、別に放射能が太平洋の全てを覆い尽くしているという事もなく。決して安全だとは言いませんが、私たちはあまりよく放射能のことが分かっていないと言えます。多分。それにしても1950-60年頃の太平洋の放射能ってどの位だったのでしょう。控えめに言っても福島原発の比ではないでしょうね。

この地震の後でも在日の欧米人はパニックになり大勢逃げ出しました。まあ、ああいう状況でしたからあからさまに非難するつもりはないですが、核保有国の国民については自分たちが使っている兵器についても無知なのかと結構辛辣ではありました。
結局無知が冷戦を引き起こし、放射能パニックを引き起こす。日本人も悠長すぎると思いますが、あれだけの国難なのにちょっと恐ろしいくらいに冷静です。
ま、それだけに一旦火が付くと怖いのかも知れませんが。

智慧の灯りというのでしょうか。頻繁にパニックになる国の国民を見ていると、足が大地に据わっていないように見えます。移民国家だったり流入してきた国家だったりしているからかもしれませんが。
神話の時代から"おほきみ"を筆頭にこの小さな島国で悠久の時間を過ごしてきた世界最古の民族にはもしかしたらよほどのことがない限りは慌てふためくことはないのかも知れません。石器時代から今に至るまで、自然災害の多いこの島に住むという決意、遺伝子がそうさせているのか。買いかぶりすぎでしょうか。友人で東欧の小国出身の人がいますが、東日本大震災の時は慌てふためいてシンガポールまで逃げ、北朝鮮情勢が悪いとなるとフランスだかどこかまで一旦難を避けるほどでした。彼を見ているとやはり日本人の腰の据わり方は別格だと感じます。

日本人は平和ぼけしていると言われてます。多分そうです。しかし振り返ってみれば、世界最古の王族を戴く同じ民、同じ領土を2000年以上も維持している国は世界のどこにもありません。その次に古い王国でもデンマークの1000年です。本当にぼけていたらとっくに滅んでます、という言い方もできます(笑)

そんなことを徒然思った次第です。

平成二十九年葉月二十九日
不動庵 碧洲齋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

知らない事は怖い 不動庵 碧眼録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる