捕鯨について

最近、シーシェパードとか言う過激団体が過激なことをしているので、ちょっと書きたくなりました。

日豪はもともと比較的友好的だと言われています。私自身、どちらかというと保守層が多いとされるメルボルンに住んでいましたが、確かに親日的でした。(皮肉ってすみませんが、反日的な国の数は世界でも片手の指で余りが出る、と言っていた友人がいました)私の勝手な推測ですが、豪州人でもこの手の輩を支持している人は多くないんじゃないでしょうか。

多分、反捕鯨を唱えている国々はまず「反捕鯨ありき」で反対しているように思います。何故捕鯨をするのか、という意味を文化歴史のレベルで理解して欲しいところです。

以下は私が豪州で実際に討論した内容を要約したものです。

問:先ず聞かれたのが「捕鯨は良いことだと思うか」。
答:良いも悪いも、一説には1000年ぐらい前から日本で行われてきたことなのだから、悪かろうハズもありません。取り尽くすのは良くないにしても、完全廃止も良くないと考えます。(米国、豪州の皆様をまずぎゃふんと言わせたい方がいらっしゃいましたら、取り敢えず無難な線で「歴史」でしょうか・・・大体「伝統」を持ってこられると、絶対に勝てます。)欧米で捕りすぎた結果、数が減ったので日本人にも完全にやめろと言うのはいささかわがままではないでしょうか。もちろん、日本の捕鯨でも捕りすぎは良くありません。(日本人でも捕りすぎがよいと思っている人はいないと思います、と付け加える)

問:鯨が可哀想だとは思わないのか。
(大体イルカとかシャチとセットになっていることも多いです。)
答:日本人は生き物全部に対して哀れみを持っています。別に鯨だけではありません。明治時代になってから、西洋諸国の諸先輩方に御指南頂いた「牧場」なる屠殺用生命繁殖システムを導入してからというものは、毎日心が痛んでいます。もともと仏教を篤く信仰している日本人は動物を食用に殺すことは希でした。
(はい、大誤解その1、日本人は元々肉食はしません。ほとんど魚かごくごく希に鳥だけです、ということを知りません。)
牛も豚も馬も可哀想だと思っていますが、他の生き物を必要な程度を殺さないと人間が生きていけないのでやむなく殺しています。困ったことに日本人はあなた方のおかげで後戻りが出来なくなってしまいました。だから日本人は食前食後に「いただきます」「ごちそうだまでした」とあいさつしてありがたくいただいています。せめてもの贖罪です。
逆に食べるために繁殖させた動物類を大量に殺すことには何の痛みも感じてないのですか、と聞いてみる。日本人は西洋人がやってくるまで、殺すための動物を繁殖させるようなことを仕事にしている人はいませんでした、と強調する。大体がそういうことを考えたこともない人が多かったように思います。これで小中学生を泣かせてしまいました。

問:こんな豊かな時代になぜわざわざ鯨を捕って食べるのか。
(はい、大誤解その2、西洋人の大半は日本人は食べることしか知らないと思っています)
答:日本人は中国人じゃないですが、鳴き声以外は鯨の頭からしっぽまで、全部きれいに利用します。波打ち際に打ち上げられた鯨もです。肉以外、油も使いますし、骨も全て道具、特に伝統的な工芸品として利用します。特に髭などは日本のからくり人形などに使っています。他の材質ではどうしてもきれいな動きが出来ないようです。一部の西洋人のように、油だけ採って死体を海に棄てることはしません。腹を満たすだけではなく、れっきとした伝統工芸なのです。

問:鯨を捕りすぎたら絶滅してしまう。
答:全くその通り、捕りすぎはよくないと言うことを欧米人が悟ったことはよく知っています。だから必要な分だけ捕らせて頂いています。その辺りの数値は協議したいところです。捕鯨禁止ありきの数字ではなく、実際的な数字があれば、世界的に知られている日本人の信頼にかけて守ると思います。

ま、他にも色々ありましたが、重要なのはこのくらいだったと思います。

反捕鯨というのは基本的に「今の欧米人だけ」の思想です。
インド人は牛を食べません。
イスラム教徒は豚を食べません。
欧米人の一部は鯨を食べません。(北欧では食べています)
イギリス人は馬を食べません。
フランス人は蛸を食べないようです。
アメリカ中西部人はほとんど魚を食べていませんでした。
(そもそも海すら見たことがないようです)
中国人と朝鮮人(韓国と北朝鮮と言うことです)は犬を食べます。
東南アジアでは虫を食べます。
日本人は上記の食べ物は全部OKです。(中国人もですかね)
食べない人もOKです。

日本人はとても大人しいので、どんな文句も聞くでしょう。罵詈雑言も黙って聞きます。ゴリ押しすればお金もくれます。理不尽なことや酷いことを言っても日本政府は決して、国交断絶や経済制裁は加えないでしょう。もちろん軍事力をチラつかせることもありません。中には反日主義をこよなく愛する日本人も大勢いるので、あなたの意見に諸手を挙げて賛成するかも知れません。しかしそれでも日本が譲歩しないところがあったら、それはかなりよほどのことです。あなた方自身の言い分をよくよく吟味の上、どこかおかしくないか、慎重に冷静に論理的に検討して頂きたいと思っています。
しかし多分、あなたは日本についてほとんど何もよく知らないと思います。よ~く知ってから再度コメント頂きたいと思います。

・・・というようなことを昔、言いました。

SD100218 碧洲齋