賞与感想

今日は賞与支給日でした。
社長の言葉を聞いているうちに、ふと心の奥底からこんな声が聞こえてきました・・・


人の一生は 重荷 を負ゐて遠き道を行くが如し 急ぐべからず


不自由を常と思へば不足なし


心に望おこらば困窮したる時を思ひ出すべし


堪忍 は無事長久の基 怒りは敵と思へ


勝事ばかり知りて負くる事を知らざれば 害其身に至る


己を責めて人を責むるな
  己を責めて人を責むるな
    己を責めて人を責むるな 及ばざるは過ぎたるより勝れり


・・・・・人はただ身のほどを知れ草の葉の 露も重きは落つるものかな。・・・・・


いや~、もうそんな声がリアルに聞こえるぐらいの額面でした・・・


SD100707 碧洲齋