・・・無題・・・

虐待ママと「2人の父」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100816-00000001-aera-soci

先日、坐禅会の老師にこの件についてずいぶんと偉そうな見解を披露してしまいましたが、本当は下村早苗容疑者本人がその場にいたら半殺しにしてしまいそうな気分でした。(この坐禅会に来ていた方は分かっていただけると思います)老師は別のたとえ話で応えられましたが、実は家に帰って翌日になってからその意味をおぼろげに理解し始めたような鈍さです。老師はもしかしたら私の心の奥底にあるものを察して話されたのだと思います。全く以て近年にない程の赤面の至りです。ものすごく反省しています。

しかしやり場のない怒りというものはどうしたらよいのか。こういう時は本当に怒り疲れます。禅定に入れば「それはそれ」と思う反面、現実に起きているこのような事件を目にするたびに心底悲しくなります。

結局、自分でできる事だけをちゃんと行い、余裕があったら祈る、どんなに科学技術が発達しても、太古の昔から人間がやって来た事しかやりようはないんですね。

画像

写真はお地蔵様、結局そういうことです


SD100810 碧洲齋