観音様の印刷機

を昨日買いました。いや、本当ですって。
これを今風に言えば・・・
キヤノンのプリンターを買った・・・。

ご存じでしたか?
1933年にキヤノンの前身である精機光学研究所が設立され、最初のカメラの試作機に「KWANON(カンノン)」と名づけられました。実際、当時の精機光学研究所製の製品には千手観音が描かれ、火焔をイメージしたKWANONの文字がデザインされていました。

やがて、カメラの本格的な発売開始に向けて、世界で通用するブランド名が必要になり、1935年に「キヤノン」(Canon)という言葉を商標として登録しました。「Canon」には、英語で「聖典」「規範」「標準」という意味があるのですが、「キヤノン」の発音が「観音=カンノン」と似ているため、とも言われています。ありがたやありがたや。これを命名したキヤノン初代社長御手洗毅氏は多分、信仰心豊かな仏教徒だったかもしれませんね。

一時期、エプソンとキヤノンは覇権を争っていましたが、現在の勢力を見るに、エプソンはちょっとデザインがチープですね。キヤノン製の方が断然見栄えが良さそうです。ちなみに我が家はずっとエプソンでした。前回初めて電話付複合機を買わねばならなかったのでブラザーにしました。で、今回キヤノンにしました。

前のブラザーに比べると性能がいいこといいこと。数段優れものです。しかもデザインも斬新です。どれも皆、観音様の御利益ということにしておきましょうか(笑)。


SD101215 碧洲齋