北方領土について

私の場合、世界中からやってくる同門に対して色々気配りをしています。
その中に話さないことがよいことなども含まれます。
例えば・・・
・宗教のこと
・政治のこと
・歴史のこと(特に近代史)
これは日本人にとってかなり疎い問題ですが、関係を悪くさせないためには少なくとも自分から話しかけるべき問題ではありませんし、話しかけられても安易に答えてはならないことです。そもそも言語レベルで全くフェアでないし、宗教観、政治観、歴史観についても相手の答えに十分に対応できるほどのものを持ち合わせているかどうか分からないからです。
それらに答えていい場合はたった一つ、十分な信頼関係ができてからです。
ありがたいことに私には世界に何人も、そういう話ができる友人がいます。

昨夜、ロシアの親友からメールが来ました。
いつもは禅や武芸のことについていろいろ書簡を交わすのですが、今回は珍しく北方領土についてでした。
滅多にない機会なので、普通のロシア人がどのように考えているか、ちょっと紹介したいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------

私の意見
もちろん、ロシアはこれらの島を返すべきです。これは私個人の意見だけではなく、多くのロシア人がそのように思っています。これらは決してロシアの領土ではありません。

何故そのような問題が起きているのでしょうか。
1.メドベージェフ大統領の力量では残念ながらこれらを解決することはできません。
2.2012年に大統領選挙があります。しかし選挙という行為自体、まだロシアでは一般的ではありません(自由主義・民主種主義を理解する人はまだ多くない、ということか)。特に古い世代の人たちは未だに帝国主義、共産主義的です。
3.北方領土を返還できる大統領は批判を恐れない勇気がある強い人でなければなりません。なぜならこれらはロシアでは一般的な手法ではないからです。

希望
もしかしたら、たぶんプーチン氏がこの状況を変えられるかも知れません。なぜなら
1.彼は柔道を非常に長い間学んでおり、日本の哲学や文化をとても尊敬しています。
2.彼の娘も日本語と日本史を学んでいます。(プーチン氏と彼の家族はロシアではかなり日本びいきの政治家として見られています)
3.彼が大統領になったとき、たぶん彼はこの問題について話す用意をするでしょう。 ではなぜ前回、このようなことが起きなかったのでしょうか。たぶんそれは日本の政府が彼を十分に理解せず、助けられない部分があったからのように思います。前にも言ったようにロシアでは大統領になるステップというのはまだ一般化されていないためです。

2012年、プーチン氏は再度大統領になるでしょう。憶測ですが、もし日本にパートナーたりえる賢い政治家がいれば、状況は変えられます。それはたぶん2014年から2015年の間に起こるかも知れません。もしそうならなければまた長い間、話し合わなければならないと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------

私は以下のように返事をしました。

---------------------------------------------------------------------------------------

あなたの意見はとても私たちにとって参考になりました。
日本ではご存じのようにアメリカについてはよく知られ、親密です。しかしロシアに関しては全くそうではありません。従ってほとんどの人はニュースからの情報に依っています。残念ながら日本のメディアはかなり愚かです。日本は共産国ではないのに、彼らは大衆にウケそうな情報だけを編集して流すことが多いようです。
従って多くの日本人はロシアとロシア人についてよく知っているとは言えません。

私がロシアについて話す機会があるとき、私はいつもロシア人が日本に対してどのように考えどう感じているのか紹介します。それは時としてとても難しいことではあります。

私はロシア人の誠意を信じています。私が昨年ロシアに行ったとき、ソ連からロシアに変わってすぐ、モスクワ市長が撤去された中央大聖堂を再建したという事実に深く感銘しました。この事実からもソ連とロシアにはとても大きな違いがあると確信しています。ソ連は共産国家でしたが、ロシアはより人間的な国だと思います。

一方、もし私がロシアの政治家だったとしても日本の政府は容易に信じられないでしょう。なぜならこのところ毎年のように政府が替わっているからです。そんな政府をどうやって信じることができるでしょうか。日本人ですら、今の政府に信を置いていません。私はよりよい未来を作るために本当にプーチン氏の手腕を信じたいところです。

正直に言うと、日本経済にとって北方領土の影響はとても小さいものです。しかしもし日本がこの問題をあきらめたら中国までが「沖縄は元々我が領土だ!」と言いかねません。そしてロシアは多くの重要な国々からの信頼を失うことでしょう。両国はこの問題について今しばらく、よく話し合うべきでしょう。

---------------------------------------------------------------------------------------

と、だいたいこんな事を書いて返事をしました。

プーチン氏はかなり強引な人ではありますが、とても頭の切れる人です。そして何よりも世界の首長の中では相当な日本通です。それ故に、だからこそ日本にあってころころ変わる政権下の「バカな政治家」はかなり軽蔑すると思います。これをピンチと見るかチャンスと見るか、政治家たちの出方次第というところでしょうか。政治家!しっかりしろよ!

私の友人は同門ですからかなり日本びいきですが、それでも普通のロシア市民です。そして私もロシアに行って色々見聞してきました。基本的にロシア人は日本人に好意的です。中国や韓国とは全く違います。そして日本人はロシアについて知らなさすぎます。それは中東についても同じ事が言えます。大抵はアメリカのフィルターを通した情報が多いように思います。

来日するロシア人はまだ少ないですし、ロシアに行くにもまだまだ面倒な手続きがある故に、よく知られていません。しかし私が見聞きしたロシア人とニュースのロシア人にはかなりギャップがあるように思った次第でした。


SD110302 碧洲齋