mixi退会の儀・・・改め

ここ1.2ヶ月ほど、実はmixiを退会するかどうかで色々思案していました。
先週まで大多喜の頃には9月一杯で退会する決意でいたのですが、大多喜に参加してやや気持ちが変わり・・・自分の誕生日に辞めようと思い立っていましたが、今週今日までに色々な方と(mixi内外)やり取りがあり、それを踏まえて再考した結果、mixiには残留した方が良いと相成りました。よく推敲した文も用意していたのですが、無駄になってしまいました(苦笑)。もしかしたら何となく気付いていた方もいたかも知れません。

今現在、私は3つのSNSに参加していて、その中で一番優先順位が低いのがmixiです。前にも書きましたが、基本、これからmixiは時代祭に特化した交流の場と考えていますし、祭りの参加数自体が減ったらやはり抜けると思いますが、取りあえずしばらくはこのままにすることにしました。

私は公明正大であろうと努めますが、それが必ずしも不偏不党であるとは限りません。ここを理解するか否かでその人の器が分かるというもの。私的にはこれを理解するかどうかで漢かどうかが峻別されると言っても過言ではありません。ともあれ煌びやかな外見と中身とが釣り合わぬというのにはいささか情けなくも思うので、中身も互いに精進させ、地域毎の祭りに貢献したいと思い、退会は思い止まりました。


私のスタンスは基本これです。

一に曰わく、和を以って貴しと為し、忤うこと無きを宗とせよ。人皆党あり、また達れるもの少なし。是を以て、あるいは君父に順わず、また隣里に違う。然れども、上和ぎ下睦びて、事を論うに諧うときは、則ち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。

一にいう。和を何よりも大切なものとし、いさかいを起こさぬことを根本としなさい。人は徒党を組みたがり、悟った人格者は少ない。故に、君主や父親に従わなかったり、近隣の人たちともうまくいかない。しかし上の者も下の者も協調・親睦の気持ちをもって論議するなら、おのずからものごとの道理にかない、どんなことも成就するものだ。


一つのことを皆で行うには非常に参考になる文言ではないかと思います。


ただ、いずれにしても来年からは祭りにはそんなに出ません。ふといなくなることもあるやも知れませんが、ご了承下さい。


平成二十五年神無月三日
不動庵 碧洲齋