旅立ち

最近息子はよく友人たちと週末にやや遠目のサイクリングに出掛けます。
今時の学校はなかなか規則が厳しくて、何年生までは町内までとか何年生は学区内とかいろいろあるようですが、6年生ともなるとそういう縛りも少ないようです。
「どこか一人で遠くに旅をしてみたいんだよなぁ」
「とにかく遠くに行ってみたいんだよ」
最近よく言う口癖です。
今朝も近隣の地図をずっと眺めていました。

そういう時期に差し掛かってきているって事ですね。
私の初めての1人旅は20歳でいきなりの米国留学でした。しかも荷物は紛失するし、嵐の中で着陸するしの大変な状況でした。さすがに後悔で泣きそうになりました。
息子は昨年の夏、11歳でオーストラリアまでホームステイに行きました。私よりもずっと先に国際社会人になっています。
実際、オーストラリアにホームステイしてからは日常的な出来事はそう大したことではなさそうに受け止めている節があります。良いことです。

子供はいつか巣立って家を出てきますが、息子には日本だけではなく、広い世界のどこかで活躍して欲しいと思います。実際、息子は先のホームステイを含めて既に4回も海外に行き、世界を知っています。日本にいるとなかなか実感できない世界を知っているので、きっと私などよりずっと世界中を駆け巡ることができるのではないかと思っています。

私ができることは世界のどこに行っても日本人として敬意を持たれる人になれるようアドバイスができるぐらいです。でもそれも不要になりそうな気がします。

モスクワ・宇宙飛行士博物館にて
画像



天翔る
吾子の翼の
いと白き

夢見て我は
雛を育む


平成二十八年如月十八日
不動庵 碧洲齋