スマホ搭載のATOKについて

私は1999年末頃からずっとATOKのユーザーです。
ATOKとはジャストシステムが販売している日本語入力ソフトです。通常、Windowsパソコンを購入しても、WindowsにもMS-IMEという日本語入力ソフトが添付されているのですが、このATOK、MS-IMEよりもずっと精度が高い。ジャストシステムはワープロ時代から日本語について研究に研究を重ねてきて、ATOKも毎年のようにバージョンアップしています。MS-IMEも一頃に比べるとかなり精度が高くなりましたが、やはり今なお、ATOKは1.2歩先に行きます。

実際問題として、どの程度文書や文章を書くかによって、ATOKが必要なのかどうかと言うところですが、ATOKはかゆいところにも手が届く細かい設定が出来るのでずっと使い続けてきています。あまり文を書かない人にはあまり必要ないのかも知れません。
実は私は日本語教師時代にジャストシステム本社に行って、ATOKの開発者の方々を交えて色々お話を伺いましたが、やはり言うだけあって素晴らしいシステムです。MS-IMEも以前よりはずっと良くなってきましたが、抑も開発されたのはアメリカだそうで、生まれも育ちも日本のATOKの方が遥かに分が良い。
例えば漢字変換などは今なおATOKの方が精度が高いし、長文の一括変換などに到ってはATOKの方がずっと高性能。
日本人であればほぼ間違いなく利用する日本語入力システムですから、高精度のものを使いたいところです。
http://atok.com/about/reliable/

2年ぐらい前から毎年買っていたATOKを月額制に切り替えました。ATOK Passport。月額208円程度で10ライセンス分。自宅の各自のパソコン計3台と会社のパソコン、タブレットとスマホ、これでもまだ6ライセンスですが、今後息子がスマホを持ったりタブレットを持ったりしたら10ライセンスは安いという計算。毎年買換える手間を考えると私には安い。月額制の優れている点は個人設定は同期することができるという利点があります。これは大変ありがたい。

現在はメールもデータも設定もネットを通じて同期され、同じものを見ることが出来る時代。恐ろしく便利です。
蛇足ですが、Passportを買うと、ATOK Padというものが使えるようになります。これはEvernoteのようなもので、ネットを通じて同期するメモ帳ですが、Evernoteとも同期しているので、どの端末からもそのテキストを見ることが出来ます。開くのも簡単でデフォルトではctrlキーを2買い叩くと出てきます。今まではメモ帳を使っていましたが、最近は主にATOKPadにしています。
http://www.atok.com/function/atokpad/

日曜日、やっとスマホのATOKの個人設定が同期出来ました。私のスマホには元々スマホ用のATOKが搭載されています。Super ATOK ULTIASというそうです。ATOKでも市販されておらず、Arrowsのためにチューニングされた製品だとか。最初、これがうまく同期出来なかったので問い合わせたところ、ATOK Passportもインストールできるとのことなのでインストールして同期を取ったところ、なぜかSuper ATOK ULTIASの方も同期が出来るようになり・・・。

実際に使ってみたところ、フリック入力の利便性や精度などはもしかしたらこのSuper ATOK ULTIASの方がいいのかもしれない・・・。
auのサイトに分かりやすい説明が出ています。
http://www.gizmodo.jp/2014/05/super_atok_ultias.html
内容的には今までパソコンのATOKではカバーしていましたが、もしかするとスマホではここまでサポートできた日本語入力システムはなかったのかも知れない。

Arrowsには元々このSuper ATOK ULTIASがインストールされていますが、Passportも普通にインストールでき、選択できるキーボードの1つになります。ただしフリックに慣れていない内はSuper ATOK ULTIASの方が使いやすい。機能的な仕様の差異はあるようですが、詳細な違いについては「秘密」なんだとか(笑)。このSuper ATOK ULTIAS、まだちょっと謎めいた部分がありそうです。


平成二十八年弥生十五日
不動庵 碧洲齋