コインとコインの表と裏

画像

オバマ大統領が広島訪問を果たしてから、俄にネットのニュースコメントが活発になってきた様相です。
今度ばかりは英語が話せる日本人が活発に発言していてきます。これはなかなかありがたい。

これがあるから戦争が起こるんだなと思うことがあります。
広島原爆を持ち出すと決まったように真珠湾を持ち出すアメリカ人。幸いにも驚くほど、私が想像したよりずっと少ない数でしたが、全人類を破滅させる兵器をどうにかしようと日本人(と、多分多くの外国人)が真剣に話し合っているさなかでも、戦艦を沈めた爆弾の話をしています。それはもちろん不意を突いた攻撃だったかも知れませんが、あの時期いつ戦争になってもおかしくない状態でしたし、そもそもアメリカだって宣戦布告なんて一体どれ程したのかという話し。真珠湾攻撃を持ち出す連中はこの後に及んでも全人類の未来よりもタカが一国家の小さな正義の方が重要と思うおめでたい連中です。

無罪/有罪、正義/悪、”そのもの”よりも”そのもの”の表裏について議論することに狂気気味になっているのが西洋人のように感じます。もちろん日本人もこれはありますが、日本人にとって本当の悪は「調和を乱す要素」他なりません。良いか悪いかは二の次です。多分多くの日本人はそんな習慣の元で生まれ育ってきたのだと思います。もっとも日本にもネトウヨのように知性も何もあったもんじゃないようなのが昨今増えてきていますが、これはまあ、中国の「青憤」のようなものでしょう。ちょっと年齢が上なだけ。

相対的な見方、聖書や「スターウォーズ」のような絶対善と絶対悪を信仰するところに、欧米人(もしくは一神教の信徒)の救いがたい部分があるように思います。これあるから戦争が減らないのではないでしょうか。

和の国の民として、日本人は世界の調和を取るために尽してきましたが、今回のオバマ大統領の訪問は大きな一歩になったと思います。経済力が落ちようが、科学技術力が衰えようが、この国の神髄、和あることだけは忘れずにいたいものです。

平成二十八年皐月三十日
不動庵 碧洲齋