最新版 ロシアの行き方 2019年バージョン

画像


2019年6月からロシアに行くための観光ビザ取得方法が変更になったようので、参考までに記録として紹介しておきます。
2013年に申請書がネットからの作成オンリーになったことは紹介済ですが、今度は更に申請日も予約しなければなりません。今までは申請予定日のようなものを最後に記入したと思いますがあれはあくまで参考、今度は絶対に守らないといけません。
恐らくこれはビザ申請時に後から来た人が大変長く待つことを鑑みて改善のつもりで変更したのだと思いますが、これはこれで結構面倒。
まずWEB上から申請書を完成させてください。多分最後に申請日を予約してくださいという画面が出ます。残念ながらロシア語と英語しかありません。
http://tokyo.kdmid.ru/
Enterをクリックすると次の画面に移ります。
http://tokyo.kdmid.ru/queue-en/
新規で申請日を予約する場合は
"Book an appointment"
をクリック。
"I accept the conditions of use for the System."
にチェックを入れて次。
名前と電話番号、メアド、誕生日を入れてセキュリティーのために表記してある番号を入力してNEXTをクリック。記入欄に"Patronymic"というのがありますが、日本人は関係ないので空欄のまま。
しばらくするとメールに返信が来ます。少し時間がかかるかも知れませんが焦らなく多も大丈夫です。

メールにはAppointment number - 4桁とSecurity code - alphabet大文字と数字の組み合わせ8桁の通知の記載があります。更にその下にURLが表記されているのでそれをブラウザにコピぺしてジャンプ。そのまま自分のSecurity codeとAppointment numberが入った画面が出てきますのでやはりセキュリティーのために表記されている番号を打ち込んでnext。当月のカレンダーが出てきて、予約が入れられる日にちが白文字で表記されています。右側には時間が選択できます。日にちを選んでから時間を選択してnext。その次の詳細を覚えてませんが、完了するとメールで通知が来ます。ここで注意があります。時間帯によってはこのサービスが停止していて翌日にならないと空き状況が出てこないかも知れません。私も昨日予約しようとしたらサービスが停止していて、今朝改めて閲覧したらカレンダーが7月になっていて予約できる状態になっていました。月末だったからタイミング的にそうなっただけかも知れませんが。

恐るべきは混み具合です。私は6/28にこれを行いましたが、今朝無事に空き状況が確かめられると最短で7/17!受領には2週間掛かりますから受領は多分7/30。私の訪露予定は8/8でしたから結構冷や汗ものです。なので個人で申請する際は早めにした方が良いでしょう。申請予定日は同じサイトで変更することができます。

慣れていない場合は最近できたロシア公式ビザセンターをお勧めします。(私は利用したことはありませんが)
https://interlinkservice.world/japan/
有料ですが楽だと思います。

ただし巷の噂では再来年ぐらいから大望のビザ免除になるという話も聞きます。隣国韓国は既にビザ免除されていますが、日本もそうなって欲しいですね。ロシア人は大変な親日家が多いですから、そうなったらロシア人も大挙して来日すると思います。

上記はざっと書いただけなので詳細は保証致しかねます。ロシア大使館領事部や各地方の領事館、もしくはビザセンターにお問い合わせください。

補足
ロシア大使館領事部のお知らせには
"2017年8月1日からロシア大使館領事部にお越しの際 事前予約 が必要となります。"
と書かれていてぶったまげました。昨日確認したときは間違いなく2019年6月3日になっていましたが何故か書き換えられている、なんで?(笑) JETROの記事にも間違いなく2019年6月3日とあります。ロシア大使館、しっかりしろ(笑)
https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/06/505f615da34ce02f.html


令和元年水無月二十九日
不動庵 碧洲齋