碧呟聲

古代中国の夏王朝は最後、暗君と言われる傑王によって滅んだ。その次の殷王朝もやはり同じく暗君と言われた紂王によって滅んだ。
たまたまネットに上がっていた、幼少の頃に見た記憶がある昔のアニメ「海のトリトン」のイラストを見て思いだしたのだが、ムー帝国は人民と堕落ぶりに神が怒って大陸をごと沈めた。前後してアトランティス帝国も同じく人民の堕落ぶりに神が怒って大陸事沈めた。

ところで古代中国にはこんな言葉がある。

「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」

森羅万象は人を起因とするファクターが多いという事。
この辺り、ギリシャ・ローマ文明を起源とする、神の御加護がある故に何をしてもよい、或いは神の怒りに触れるのが怖いから道徳を守る、というような考えよりはこの東洋的な考えの方が納得がいく。

さすれば「人の和に如かず」を地で行く日本はこれを守る限りは大過ないように思うのだが、昨今はなかなかそうも断言できず。
難しい世になってきたが故にある意味慎み深く智慧を働かせて参りたいところ。
そう思う今日この頃である。

令和二年正月二日
不動庵 碧洲齋

180px-HouMuWuDingFullView.jpg

#武神館 #道場 #入門 #埼玉 #草加

この記事へのコメント