徒然と

今年に入ってからふとまた、指南をしようかと思いきや、コロナウイルスによって見事に中止に追い込まれてしまった。
のみならず今年は珍しく海外に3回ほど出掛ける予定だったが、それもまた中止になるなど、飛躍する年をことごとく打ち砕かれてしまった感あり。
ま、こんな災禍は一生に何度もないのでこれはこれで希少な体験というべきか。以前、10年以上前にも都内で指南していたことがあったが、なかなか場所が取れずに中止に追い込まれた。
今回は地元草加市の市立総合体育館である、草加市スポーツ健康都市記念体育館で開こうと思った矢先にこの天災である。ジタバタしても致し方がない。
幸いにしてコロナ禍は下火になりつつあるがそれはあくまで日本だけ、海外のまだ少なからぬ国では人が多く死んでいるし、貧しい発展途上国だと一体どれ程の被害なのか明確ですらない。
当流の場合は外国人門下生の割合がかなり多いため、今回の天災はかなり痛手だったと感じる。故に指南できる立場の人間はそれなりに動かねばならないとも思う。

当流の道場訓で、私が一番気に入っている文言。
「忍耐は先ず一服の間とぞ知れ」
全くその通りである。

年明けぐらいからボチボチ教えようと考えている。

令和弐年長月晦日
不動庵 碧洲齋

DSC_0338.jpg

#武神館 #道場 #入門 #草加 #埼玉

この記事へのコメント