日々是好日

この言葉はよく茶室や禅で使われる言葉ですが、今年は良くこの言葉を国内外の友人に送った気がします。字面を見ると「毎日毎日、いい日だなぁ」みたいな語感がありますが、そうであり、同時にそうではありません。臨済宗中興の祖、白隠禅師は駿河湾にある寺で住職をしておりましたが、富士山が噴火した後の大飢饉に際してこんな事を言っています。ちょっと原典が見つからないので大体こんな事だという事でご勘弁ください。

「昨日はおふくろが飢え死にした、今日は親父が病になった、明日はもう食い物がない、日々是好日」噴火後の大飢饉に際しての言葉です。こんな酷い日に「日々是好日」です。
コロナウイルスが広まる前の昔を懐かしむでもなく、コロナウイルスが沈静化されるであろう未来に思いを馳せるでもなく、今現在、ここに生きているこの瞬間瞬間を丁寧に生きる、これが「日々是好日」であろうと思います。
だから散々だった今年も私は「日々是好日」と言いたいところです。

今年、人類は戦争をせずに大変な経験をしました。今まで当たり前だったこと、特に気にも留めなかったことが、実は当たり前でも何でもなく、大変有り難い誰かの行為の上に成り立っていたことに気付いたはずです。
100年前は第1次世界大戦時に起きたためか、それ程注目されませんでした。しかし今回は世界大戦などはない、比較的平和な時代に突如として起きた事件でした。世界中の人々が震撼し、恐怖におののいたと思います。人の無力さを感じたり、社会の脆弱さを感じたりした人も多かったと思います。

人類が滅びそうになる映画はたくさんあります。異星人が攻めてくる、巨大隕石が落ちてくる、核戦争になる、軍用化学兵器が使用される、などなどありますが、実際問題、インフルエンザよりもちょっと強力で、ちょっと感染力が高いウイルス程度で人類全体が大混乱するというレベルです。これが我々人類の実力と言っていいでしょう。地球侵略を狙っている異星人がいたら笑いが止まらない事実かも知れません(笑)

これをよく認識してもはや機能的にあまり役に立っていない国連ではなく、もっと強力な国際組織を作るとか、国家間の対立を避けられるような仕組みを考えるとかしないと、この先人類はそう長く続きそうにありません。

幸いなことに今回、人類は叡智を結集してワクチンの開発を信じがたい早さで作り上げました。ま、国によって完成度に違いがあるようですが。これはまずまず良かったことだと思います。先進国の多くでは既に接種が始まるか、間もなく接種が始まっていきます。来年後半ぐらいから沈静化が期待されますが、それを機に人類は何か精神的にステップアップできればいいと、願ってやみません。

来年は是非、人類全体の精神がより高まり、地球が人類の母星としてより素晴らしくなることを祈ります。

large.jpg
#武道 #武術 #古武道 #武神館 #道場 #入門 #草加 #埼玉

令和弐年臘月大晦日
不動庵 碧洲齋

この記事へのコメント