断食を始める

断食を思い立ったのは多分数年前、何かと最終局面で詰めが甘かったり粘りがなかったりと、自分のふがいなさに心中嘆くこと大でしたが、それらを引き出すきっかけとして断食修行がいいのではと思った次第。 断食修行は古今東西で行われている修行方法の一つであり目新しいものではありませんが、始めようと思えば手軽に始められるものでもあります。ただ、正しい方法で始めないと健康を害するのでその辺りが要注意です。 …

続きを読む

末席を頂くということ

よく武芸において、武門の門下であるという言い方をこのように言うことがあります。 「それがしは当流の末席を僅かに汚しているだけの身でございます」 私はなかなかこの言い回しが好きで、自己紹介でやむなく武芸をしていることを明かさねばならないときは、半分冗談でよくこの言い回しを使います。 昨今、バブル後の経済的悲劇を打ち消すかの如く、日本文化の世界的普及、世界的浸透がよくクローズアップ…

続きを読む

空気を演じる

声優の肝付兼太氏が他界されたそうです。慎んでご冥福をお祈り申し上げます。「ドラえもん」の初代スネ夫などで知られていますが、個人的にはやはり「銀河鉄道999」の車掌さんが一番印象深い。 Wikipediaにあった肝付さんの記事で、なかなか興味深いエピソードがありました。 「テレビアニメ『銀河鉄道999』の車掌を演じる際、「なんだこれは?」と喧々諤々で原作者の松本零士も肝付に車掌の正…

続きを読む

重く扱う 味ひをしれ

昨日のブログには見る側の心得として長々とつまらぬ事を書いてしまいましたが、今日はその逆、見られる側の心得をちょっと書いてみたいと思います。 その人の立居振舞というのはある意味一生モノで、大人になってからは早々たやすくは直りません。これはもう重々良く知られていることです。 そうは言っても大人になってから習い事もするでしょうし、特に伝統芸能などは現代においては大人になってからする事が多いので…

続きを読む

見取り稽古のこと

「見取り稽古」という言葉すら、昨今あまり聞かなくなりました。 文字通り見て覚える。観察する稽古です。 ぱっと見ただけで分かるものかと言われそうですが、逆に見てもいないことをするのはもっと分からないのも真理です。 古来から日本の伝統芸能ではこの「見取り稽古」がなかなか重要な地位を占めてきました。 例えば江戸時代ぐらいであれば、入門したての頃は雑用にこき使われ、道場の稽古は雑用の合間にチ…

続きを読む

予知より日々の点検

私は会社で製品の他に補用部品の輸出も担当していて、部品発送の時は部品センターで作業をします。 部品センターの中二階には部品発送用のダンボールが大量に積まれているのですが、時折危ないなと思ったときなどはセンター長にさりげなく意見したり、自分で上がって直したりするのですが・・・。 今朝はその部品センターで危うい事故から間一髪で回避しました。 今朝はその中二階の縁の真下で行わなければならない…

続きを読む

2016年度 第3回秩父巡礼の旅 弐

翌日の天気も前日と全く同じ、雨でした。 しかも歩きにくい靴で歩いた上に新しい履き慣れていない靴を買ったため、予定を変更して長距離は避けて、26番から29番までにしました。29番から30番までは7キロもあり、万全ではない状態ではいかがなものかと思った次第。26番から29番までは1/3程度が山道で6キロ少々。前日の歩行距離の1/3程度。昼頃には歩き終える予定です。 車は29番札所に。旅館…

続きを読む

2016年度 第3回秩父巡礼の旅 壱

秩父巡礼は今年で3年目になります。 初年度は1番から5番まで。 去年は6番から16番まで。 今年は17番から30番までを予定しました。 スケジュールの都合で宿泊は1日だけ。 22日の4時に家を出て、一旦柏のホテルに滞在するロシア人の友人を拾ってから一路秩父へ。 到着は予定よりも30分以上も早く。25番の久昌寺の駐車場に車を止めて最寄りの駅である浦山口駅まで。既に結構雨が降っていた…

続きを読む

稽古に想う事是れあり

昨日は祝日と言うことで、いつもは行けない稽古に出ました。 師匠以下、門下生12名、うち日本人の直弟子は2名。 もう1人は米国人の直弟子で、残り9人は来日中の出稽古です。 稽古では色々なことが分かります。 一挙手一投足でその人の人となりがほとんど分かってしまうことあります。 武技のくせも分かってしまうこともあります。 その人の技量の良し悪しもすぐに分かります。 もっともも…

続きを読む

封筒が届いた

あまり俺を怒らせるなよ・・・ 昨日家に帰ると、1通の封筒が届いた。 宛先は9年も前に死んだ私の父。 で、送り主は「各宗連合仏教会 円満院 代表 小松賢壽」だれ? うちは日蓮様がご存命の折、鎌倉で暴徒に遭われたところをお救いしてから700年以上日蓮宗で、両親は近所の墓が良いと言うことで真言宗豊山派、そして私は臨済宗建長寺派(笑)となっておる。「各宗連合仏教会 円満院」などカスリ…

続きを読む

富士総合火力演習参加に当って

日曜日は息子と陸上自衛隊 富士総合火力演習に初めて行ってきました。 富士総合火力演習とは陸上自衛隊が年に一度、富士山麓の広大な演習場において、各種戦闘車両や航空機を参加させて実弾演習を行い、それを一般市民に見せるというイベントです。 大変人気のあるイベントのために、普通に応募すると30倍ぐらいの倍率なのだそうですが、今回は友人に自衛隊関係のつてがあり、チケットを頂けることになりました。 と…

続きを読む

平和であると言うこと

我々一般市民、特に先進国や中堅国では貧富の差こそあれ、少なくとも銃声や砲声、爆撃音などを聞くことはまずありません。(アメリカでは銃声は良く聞きますが) 留学中や当流の外国人たちと話していて絶句させられるのは、大変貧しい地域で、安全に暮らせない人が多くいたり、政情が不安定でクーデターや紛争がしょっちゅう起きている国に住んでいる人がいたこと。 留学中、中東の学生は自衛のためにショットガンを購…

続きを読む

ロングセラー

機械においてその機構が長いこと使われているという場合は、間違いなくその構造が優れているためです。 一般の機械でも当てはまりますが、軍事においてひとつの兵器が長いこと使われ続けてきているというのはある意味驚異的でもあります。何故なら通常、軍事とはその国家における最先端科学、工業が結集したものであり、日進月歩が早い事でも知られているためです。長らく固有の兵器が使われることには他に理由もありますが、…

続きを読む

我想う故に我在り

昨日は息子と「自我」についてちょっと話しました。 息子の知人でちょっと困った人がいます。 自分の所有物、自分の領域、自分の領分に対して異常なくらい固執する人がいます。 ある程度、自分の領分に対しては関心は持つべきですが、私が知る限りはちょっと異常に感じます。 息子はどうしてそういう心が芽生えるのか、関心を持っていました。 自分を防御するために過剰に攻撃的になる。自意識過剰気味の人に…

続きを読む

手帳遍歴

私は社会人になってからほとんどシステム手帳派です。 スマホが開花するほんの少し前、今は懐かしいPDAを2003年頃から5年近く使っていたことがありましたが。当時のPDAも便利になりつつあったとは言え、今のスマホに比べると比較にもなりません。当時としてはスマホが出る直前でかなり先進的でしたけどね。 基本、何かをメモする場合、手書き→キーボード→タッチ入力の順位は基本変わりません。そもそも私…

続きを読む

71回目の終戦記念日

今年は戦後71年に当ります。 71年というと、例えば明治維新で言えば明治元年から昭和14年になります。 色々な言い方がありますが、結構昔になってきているのは事実のように感じます。 終戦80周年ぐらいになったら、当時の戦争体験者は多分ほとんど他界していると思います。 71年というのはざっくり2世代に相当しますから、多分今の世代の日本人には戦争は体感として理解しにくいものになっていると思…

続きを読む

五体満足のこと

昨日は横浜市内の寺に行って坐禅をしてきたのですが、昨年秋からずっと懸案事項になっていた右膝の痛みがほぼ完全に無くなったようでした。結局、治るのに1年近く掛かりました。オマケに左足の足底、踵の前辺りが痛くなる足底筋膜炎にもなりました。それからというもの、テクテク自分の足で歩くことが苦痛になり、自分には大変堪え難いものでした。これが30代だったらもっと早く治ったと思いますが、40代になると治癒力がか…

続きを読む

入力装置と入力ソフト

私はあまりパソコンにこだわりはないのですが、絶対に譲れないモノが2点あります。 一つはマウス。キーボードもそうですが、それ以上にこだわっているのがマウス。 現在自宅でも会社でも使っているマウスのメーカーはLogitech。2000年頃からずっとこのメーカーを使っていますが、もともと入力装置に特化したメーカーなので価格が若干高い代わりに大変使い心地がよい。 会社では鉄板の有線マウスですが、家…

続きを読む

父の自転車

我が家には自転車が4台あります。 1台は妻が使っている、子供を乗せるタイプ。恐るべき事にかれこれ12年ぐらい乗っています。こういうタイプの自転車は海外では使われていません。つまりこの手の自転車は純国産がほとんどです。私や息子のスポーツサイクルが2.3年で錆が多発していますが、妻のは私や息子の自転車と比べてもそれほど引けを取らない外観です。それを考えると国産はさすがというのか。 1台は車を廃棄…

続きを読む

たまにはいるものだ

昨日は久し振りに大人数の外国人門下生が、私が通う道場にやってきた。いつもは少人数だけにかなり賑やかだった。 その中で1人、イタい門下生がいたのだが、それについていささか思うことを書いてみようと思った次第。 彼は中東の某金持ちの巣窟・・・もとい、カネが潤っている大都市からイギリスに移民したようだが、若干29歳とか。 休憩中に一手指南を頼まれたので相手をしたのだが、久し振りに見たトンだ勘違…

続きを読む

廃退的だと・・・言うつもりはありませんが・・・

私は滅多に「イラッ」としない方ですが、最近ネット検索でイラつくことがあります。その一つが「艦隊これくしょん」とかいうやつ。 知らない人はいないと思いますが、要は各軍艦をキャラクター化してゲームなんかに使うんでしょうかね。スミマセン全然興味ないので良く知りません。 キャラはキャラでも全部女の子にシンボライズされています。 ミリ歴43年ぐらいの私ですが、正直この風潮は武器をナメているんじゃない…

続きを読む

参議院選挙が終わって

このところ、米国では人種差別とも取られる警察の対応に反対してあちこちで暴動が起き、大変物騒になっています。人種差別というのはなかなか厄介で、私も実際に数回、人種差別を受けて大変不快な思いをしました。最近では日本人というと下にも置かぬもてなしを受けることがほぼ大半ですが、同じアジア人でもいささか問題のある民族があちこちで放蕩を尽しているため、アジア人だと言う事で白い目で見られることも少なくありませ…

続きを読む

平日の上野にて

昨日は久し振りに平日の夕刻から都内に出掛けました。 かなり久し振りに高校時代の仲間と会うためです。 往路は上りなので結構空いていました。上野駅はさすがに人が多かった。時間があったのでスタバでアイスコーヒーでも飲もうかと立ち寄ったのですが、店内はとんでもなく寒かった。スーツを着ている人に合わせているのか何なのか。エネルギーの無駄のように思いました。 あまりに寒かったので早めに出て、少…

続きを読む

坐禅会に参加する場合

春を過ぎる頃になると、坐禅会に参加する人が増えてきます。 特にここ最近は坐禅は大して道具もいらず、お金も掛からない修養ということで、人気があるようです。 私自身、特定の坐禅会に参加し始めて10年弱ですが、これから坐禅会に参加したいという方のために少々、一在家の視点で備忘程度にしたためたいと思います。 よろしかったらご参考ください。 特に深い悩みや苦しみが無い場合は坐禅はあまりお勧めし…

続きを読む

進化より深化

昨今、インターネットで膨大な量の情報を得ることができ、その中でかなり効率的に自由な選択をすることができるようになりました。 A先生の稽古はどうだったとかB先生の技は凄かった、C先生の理論は秀逸だった、などなど。直接赴かずとも参加者のコメントやブログを読めばたやすく分かるようになってきました。20年前ではおよそ考えられないほどの情報量です。 インターネットの普及で、人間関係もグローバルな様…

続きを読む

ロシアの国歌

私は結構ロシアが好きなのですが、このロシアの国歌成立の過程がなかなか面白い。 実は曲自体はソビエト連邦時代と同じものです。ソビエト崩壊後に別のモノを作ったのですがサッパリ人気がなく・・・で、同じ曲に違う歌詞を付けたところ国民にはなかなか人気を博したそうです。あ~ちなみにそれを指示したのはプーチンさんだそうです。元KGBスパイにして柔道5段の彼は、サンクトペテルブルクの副市長を務めたこともありま…

続きを読む

正木丹波の槍

歴史的、特に戦国時代では特筆すべき事がかなり少ないわが埼玉県ではありますが、全国に誇れることの一つが「忍城」です。2012年には「のぼうの城」として映画化もされました。豊臣軍と言えば攻城戦の常勝軍として知られていますが、その豊臣軍をして全国で唯一落とせなかったスーパーな田舎城です(笑) ま、指揮をしたのが石田三成だったという幸運もあったかも知れませんが。それにしても2万(少なくとも)対3000弱…

続きを読む

衆を以て寡を伐つ

中国春秋戦国時代には王で傑出した人が少なくないのですが、中でも個人的に文武両道のバランスの取れた、覇者と言ってよいと思っている人が1人います。 それは斉の威王、田斉になって4代目の王です。 初めのうちは暗愚を装って3年ほど国政を放置していましたが、淳于 髠という説客が、 「わが国には大鳥がいて、王庭にとどまっておりますが、この3年間鳴くことも飛ぶこともしません。この大鳥はなん…

続きを読む

コインとコインの表と裏

オバマ大統領が広島訪問を果たしてから、俄にネットのニュースコメントが活発になってきた様相です。 今度ばかりは英語が話せる日本人が活発に発言していてきます。これはなかなかありがたい。 これがあるから戦争が起こるんだなと思うことがあります。 広島原爆を持ち出すと決まったように真珠湾を持ち出すアメリカ人。幸いにも驚くほど、私が想像したよりずっと少ない数でしたが、全人類を破滅させる兵器をど…

続きを読む

深遠

近頃良く「深み」という言葉についてよく考えます。 関係があるのかどうか分かりませんが、「名人」と「達人」という言葉があります。 大辞泉によると名人とは「技芸に優れている人、特定分野で評判の高い人」で、達人とは「技芸・学問の奥義に達している人」だそうです。 どちらも大変優れた能力を有する人には違いないのですが、達人とはつまりその道の奥義に「達している人」という意味ですから、私は「名人」よ…

続きを読む

勝って兜の緒を締めよ

今から丁度111年前の今日、5月27日は、東郷平八郎率いる大日本帝国連合艦隊が、はるばる欧州から遠征にやってきたロシア帝国海軍第2、第3艦隊を迎え撃ち、近代史上希に見る完璧さで撃破した日です。終戦までは「海軍記念日」と言われていました。 どの位完璧だったのかというと、当時は主力だった戦艦が日本は4隻、ロシアは8隻という不利な条件下で(その他巡洋艦は日本の方が多かった)日本が受けた損害は末端の小…

続きを読む

方程式のように

私は全くの文系で数学はずっと苦手でしたが、大人になってからふと、数学は面白かったのかも知れないと思うようになりました。答えが1つとはなんと芸のないことかと思う反面、その答えに到る道が多岐に亘り、迷路の如くであるという様が数学に興味を抱かせているのだと思います。昨今は大人向けの数学の本も見かけましたから折をみて読んでみたいと思います。 武芸も似ているところがあります。 「自分」が「…

続きを読む

二葉と山岡鉄舟

昨日の午後から、他に4人の禅友たちと埼玉県は北部に位置する小川町まで行ってきました。 禅友と言っても私以外は全員が60才以上のベテラン、大先輩たちです。中には私が生まれる前から禅、もしくは武道をやっていた方も。昨今、禅や武道で集うことがあると大抵は中堅か古参扱いなのですが、昨夜は全くの駆け出し、青二才、小僧扱いです。初心に還ったようで妙に嬉しいというのか懐かしいというのか。 同席の二人は…

続きを読む

戦の今と昔について思ったこと

私は甲冑を買ってから12年ほどになります。そしてかなり多くの割合で甲冑を着て実戦に近いような動きもこなしてきました。なので昨今戦国時代ブームに乗じて流行りだしてきた自前甲冑での時代祭以上には甲冑を着て、本来の用途に近いことはしていると思います。 その間に色々な方のアドバイスや知識に接する機会があり、大変参考になったものがある反面、どうも腑に落ちない類の知識やアドバイスもあり。 そういうことで…

続きを読む

鹿島神宮の流鏑馬に行ってきた

昨日は通常の早朝坐禅会に出てましたが、提唱は欠席して一路茨城県鹿嶋市は鹿嶋神宮に向いました。理由は昨日行われた流鏑馬武者の甲冑着付けを手伝うため。 ・・・今回も先月に続いてニッポンレンタカーにしたのですが、カーナビのデータが古いので首都圏中央連絡自動車道が載っていなかったため。結局カーナビを無視して自分の記憶を頼りに現地まで行きました。やはりカーナビは脳を鍛えるにはいささかジャマだな。 …

続きを読む

久々の日本語教育に思ったこと

昨日は午前仕事で午後半休を取り、20年来の付き合いのある友人と会いました。 私は1999年まではフルタイムとして、以後数年はスポットで日本語教師をしていましたが、その時の同僚です。その元同僚が日本語を教えている場所に行ったのです。 日本語学習者は全員、研修生として来日したベトナム人の女の子たちです。みんな若くて可愛らしかった(笑)。 現在、日本の労働人口は全然足りていないとか、いや実は…

続きを読む

最後のフロンティア

今から55年前の今日、人類は初めて宇宙に進出しました。言わずと知れた旧ソビエト連邦空軍少佐ユーリイ・ガガーリンが搭乗したボストーク1号によるものです。今まで人類は色々な恐怖と戦ってきたと思いますが、ガガーリン少佐の恐怖たるや人類史上最大ではなかったかと思います。文字通り前人未踏の境域でしたから。 ガガーリン少佐は息子にとってヒーローでもあります。 私は大気圏突入カプセルの実物大模…

続きを読む

レンタカーについて

今回、珍しく近所の格安レンタカーが全部ふさがっていたので、やむなく少し離れたところにあるニッポンレンタカーにて借りてみました。 それらの比較をちょっと備忘としてまとめたいと思います。 【正規レンタカー】 (いいところ) ・車は大抵新しい。 ・補償がかなり充実している。 ・車種が豊富。 ・オプションサービスも充実。 ・24時間営業なので、貸出/返却時間が自由に設定できる。 ・…

続きを読む

もり

先々週からNHKで綾瀬はるかさん主演の「精霊の守人」が始まりました。大河ドラマに劣らぬ素晴らしい作品になっていますので、これからも楽しみです。(と言ってもあと2回ですか) たまたまこの作品のタイトルを見てふと気になった言葉があります。 それは「守」 ”守人”で「もりびと」ですが、”防人”なども「さきもり」と読みますね。 太古の昔、日本語には文字がありませんでした。 (ま…

続きを読む

卒業式

今日は息子の卒業式でした。 昨日は疲れていたのか、どうしても5時に起きられず。 こういうときは目覚まし時計が欲しい。帰りに買っていくか。 朝から冷たい小雨が降っていましたが、息子はキチッと礼服に着替えて仏壇に手を合わせ、一緒に読経してから先に登校し、少ししてから我々も学校に行きました。 私の小学校の卒業式の想い出としては・・・ 「ものすごく待ち遠しく、嬉しかった行事」 ・・・だっ…

続きを読む

エベレスト

基本私は精神論が大嫌いです。根性論も大嫌いです。 中学校の時は学校全体がそういうマインドコントロールに縛られていたかのように異常で引きました。 歴史を紐解けばレーダーや核兵器まで出てきた先の大戦で、日本は精神論を振りかざして先進国としてありうべからざる大敗をしました。 その前の日露戦争では兵器、軍制、外交、政治、経済、どれもギリギリ一杯まで詰めてやっと勝ったものを、先の大戦で全部チャラにし…

続きを読む

子供の敬意

子供には子供ながらに尊敬する対象があります。 子供のうちは生きている人が対象になっている場合が多いのですが、有名なアスリートだったりアーティストだったりすることが多いと思います。 で、生きていない人で最も子供にとって尊敬の対象になりやすいのが「ご先祖様」。 普通はお父さんやお母さんが敬意を見せてたり、話しをするからでしょうか。 我が家では「あさが来た」ではないですが、商才豊かで大成功…

続きを読む

スマホ搭載のATOKについて

私は1999年末頃からずっとATOKのユーザーです。 ATOKとはジャストシステムが販売している日本語入力ソフトです。通常、Windowsパソコンを購入しても、WindowsにもMS-IMEという日本語入力ソフトが添付されているのですが、このATOK、MS-IMEよりもずっと精度が高い。ジャストシステムはワープロ時代から日本語について研究に研究を重ねてきて、ATOKも毎年のようにバージョンアッ…

続きを読む

主人公

この週末、息子が観ていた幾つかのテレビ番組を見て今更ながらはっとしたものが3本ほどありました。 サザエさん ドラえもん ちびまる子ちゃん 言うまでもありませんが長寿番組、つまり昭和から続いている番組です。改めてじっくり見ると、時代設定がまだ昭和のままということを再発見し、新鮮な驚きを覚えました。 彼らが観ているテレビはブラウン管です。電話はダイヤル式です。インターネットはありま…

続きを読む

私の携帯電話遍歴

携帯電話を使い始めて20年になりますが、ここに来て始めてスマホに移行しました。(まだ起動させてませんが) ということで今まで何台買換えてきたのかカウントしてみたいと思います・・・。 1.IDOの携帯:豪州赴任から帰国後に即、名古屋支所設立のため名古屋行きを命じられたので買いました。・・・丁度携帯電話が発売されたことでしょうか・・・。確か売り場にはまだ数種類しかなかったと思います。買ったの…

続きを読む

騙されてはいけない

私が取っているとあるメルマガがあるのですが、今朝はこんな見出しでした。 「日本にいながら、世界レベルのビジネス英語力を手に入れる方法とは」 ・・・こういう誤解を招く表記は止めて欲しいと思う。 英語を母国語とする国家数は58ヶ国とされています。しかしながら例えばフィリピンのように「タガロギッシュ(タガログ語とイングリッシュを掛け合わせた言葉」と言われるほど、正しく使われていないところが多…

続きを読む

旅立ち

最近息子はよく友人たちと週末にやや遠目のサイクリングに出掛けます。 今時の学校はなかなか規則が厳しくて、何年生までは町内までとか何年生は学区内とかいろいろあるようですが、6年生ともなるとそういう縛りも少ないようです。 「どこか一人で遠くに旅をしてみたいんだよなぁ」 「とにかく遠くに行ってみたいんだよ」 最近よく言う口癖です。 今朝も近隣の地図をずっと眺めていました。 そういう時期…

続きを読む

IT環境の棚卸しとして

このところ色々とIT環境を再編しています。 ネットワーク環境というのは日進月歩で、サービスの仕様がしょっちゅう変わります。 私が一番最初にメールアドレスを持ったのが多分1997年頃、ま、その時はメールアドレス自体を持っている人が少なかったので、仕事ではほとんど使いませんでした。ただ当日勤めていた日本語学校はなかなか先進的で、パソコン通信で国内数カ所の支所と海外数カ所の学校間で頻繁にやり取りし…

続きを読む

建国2676年に想う

ここ10数年ほど、2月11日になるといつも腹立たしく感じることがあります。 それはこの日の名称である「建国記念の日」です。 変だと思いませんか?「建国記念日」ではなく「建国記念の日」なのです。 「の」が付く方が正式です。 そこに到る沿革がWIKIPEDIAに記載されているので転記します。 ***********************************************…

続きを読む

暴力について

昨今、力ある者が力ない者に容赦ない暴力を振るって傷害を起こしたり殺害に到るニュースをよく見ます。 大人が子供を、若者が老人を、男が女を(ま、女が強いこともありますが)、複数が一人を、ざっとこんな感じで。全く愚かすぎて話になりません。 ストレスの耐性がなくなり、そのはけ口に自分より弱い人間を対象にした暴力行使をする。食べ物や生活環境のせいでしょうか。そんな気がします。 多分昔は良くあった…

続きを読む