建長寺水無月坐禅会 所感

今回、坐禅会の先輩と共に年に2回ある建長寺坐禅会のうちの6月の方に行って参りました。 座禅は17年ほどやってますが、宿坊の宿泊は何度もあるものの、こういう坐禅会での宿泊は初めて。 朝7時に出立、北鎌倉には丁度9時着。2時間掛かります。今少しこの距離が短ければ足繁く出掛けられるのにと思います。駅で先輩と待ち合わせそのまま目の前にある円覚寺へ。今や禅宗界の寵児と見做されている円覚寺管長猊下横…

続きを読む

いじめ問題の闇2

先日の続きですが実際問題、いじめというのは減っているのでしょうか? こればかりは公的に調べているのと実数はかなり乖離していると思います。 多分、推移としては減っているように思いますが、もしかしたら1件1件は逆に深刻になっているのかも知れません。 昨今はインターネットという便利なものがありますから、執拗さなどはそれ以前の比ではないと思います。 私自身経験があるので分かりますが、クラスメ…

続きを読む

いじめ問題の闇

ごくごく最近の話ですが、大学で教育学部を専攻して、公立教育機関に10年以上勤務している人といじめ問題について話す機会がありました。私自身、小学校高学年から中学校の間にいじめに遭ったので色々話しを伺いたかったのですが・・・。 曰く「いじめはいじめられる側がより悪い。」のだそうです。理由は「いじめる側から見て、相手がイジメを誘引するような言動をして、かつそれをしたことに気付かない自身の浅はかさ…

続きを読む

親子旅 上州の山へ

水曜日は埼玉県民の日で学校が休み。私もそれに合わせて有休を取りました。 今年4月に尊敬していた方が他界されたため、その墓参を兼ねて息子とドライブをしました。 行く先は日本で最も深刻な限界集落として知られている群馬県南牧村にある黄檗宗黒瀧山不動寺。そこの住職は私に初めて禅の手ほどきをしてくれました。 混んでいなければ2時間少々の道程でしたが、そう言うときに限って大事故を起こす輩がいるものです…

続きを読む

成人するという事

2022年春から今まで20歳だったのが18歳から成人として認められるようになりました。 労働人口が減ったとか、子供の数が減ったとか、色々思惑があると思いますが。 20歳が成人として定められたのは1876年の太政官布告からだそうです。 で、いつも不思議に思うことがあります。 江戸時代までは武家では15歳が成人でした。それ以外の身分でも色々調べてみるとやはりある程度一人前に仕事ができるように…

続きを読む

王道を征く

先日息子と98歳で他界した妻の祖母の葬儀のために名古屋に行きました。その道中での話。 東京駅に行くまで人の流れを眺めていましたが、ふと息子がサラリーマンたちが電車を降りてすぐエスカレーターを駆け上がっていくような急ぐ様を見て、年相応ではない見苦しさを覚えたと言いました。合理的に考えれば1本速い電車に乗れば良いだけで、さもなくば出社してから一つ二つ、自分のタスクを簡素化か合理化すれば済むこと…

続きを読む

自ら道を拓く

大上段に構えたタイトルになってしまいましたが、別に何と言うことではありません。 私が武神館の門下に入ったのは16歳の折。きっかけは書店にあった、たった1冊の本を本当に偶然に見つけたこと。そしてそこに至るまでイジメに遭ったり、友人らと格闘技のまねごとをしたりしましたし、きっかけの1冊を得てから宗家初見先生に手紙を書くまでも2.3ヶ月もあったように思います。 想いを致して偶然が重なり、熟…

続きを読む

坂か阪か

昨夜は息子の中間テストの勉強に付き合いました。 私の担当は社会(歴史)。今回の中間テストの範囲は何と戦国時代から明治維新までとか。何かの間違いじゃないかと思って何度も聞き返してしまいました。(笑) 江戸時代だって240年もあるのに・・・。これじゃ上っ面しか学べないわけだ。 記憶すべき点はかなり多かったです。 結局できたのは江戸中期頃まで、それでも11時半頃まで掛かりました。 戦国時代の…

続きを読む

ロゼッタストーン

最近話題になっている語学学習プログラム「ロゼッタストーン」を買ってから2ヶ月半ほど過ぎたので、感想などを書いてみたいと思います。私が購入したのは、ロシア語。恐らく英語版を買う人が圧倒的に多いのでしょうが、逆に英語は学習ソフトが大変多く、色々な選択肢があると思いますし、実際に外国人観光客を捕まえて話すことも容易です。欧米人であれば、かなり多くの割合で外国人観光客は英語を話すと思います。私の選んだロ…

続きを読む

教育について息子と話した

昨夜は稽古から帰宅後に息子と話す機会がありました。 今息子は日本の中学校の宿命とも言える学校、塾、部活のために毎日がギシギシという生活ですが、一体そうすることのどれだけの意義があるのかという事に疑問を持っているようです。 それは確かに誰でも疑問は持ったものです。 学校の勉強の多くは、それがそのまま社会で直接役に立つことはありません。 しかしそれは多くの研究分野でも同じで、直接役立つ研究な…

続きを読む

人としての品格

ここ最近はなかなかに息子とどこかに出かけることがなく。 傍から見ていても部活と塾と英会話教室を続けることは大変そうです。 昨日は息子の服などを買うために二人で自転車で草加市の中心街まで行きました。自転車で20分程度でしょうか。 その道中で久し振りに語りました。 学問をすること、これは人として重要な事です。 個々の人間として向上を目指すという点で重要ですし、次の世代に継承させるという…

続きを読む

「性善説」と「性悪説」

中国思想の帝王たる儒家に初めて手を出したのは高校3年生から留学直前、法家道家と真逆の思想で、道家に散々叩かれているからという理由だったのと、呉子、韓非子を生み出した荀子の祖である儒家がどんなものかもっと良く知りたかったからでした。別段孔子の徳に吹かれた訳ではありません。もちろん最初に読んだのは「荀子」(笑)、江戸時代、性悪説の主流たる韓非子や荀子は悪徳の書とされ、禁書扱いではありませんでしたが堂…

続きを読む

勝って兜の緒を締めよ

今から丁度111年前の今日、5月27日は、東郷平八郎率いる大日本帝国連合艦隊が、はるばる欧州から遠征にやってきたロシア帝国海軍第2、第3艦隊を迎え撃ち、近代史上希に見る完璧さで撃破した日です。終戦までは「海軍記念日」と言われていました。 どの位完璧だったのかというと、当時は主力だった戦艦が日本は4隻、ロシアは8隻という不利な条件下で(その他巡洋艦は日本の方が多かった)日本が受けた損害は末端の小…

続きを読む

久々の日本語教育に思ったこと

昨日は午前仕事で午後半休を取り、20年来の付き合いのある友人と会いました。 私は1999年まではフルタイムとして、以後数年はスポットで日本語教師をしていましたが、その時の同僚です。その元同僚が日本語を教えている場所に行ったのです。 日本語学習者は全員、研修生として来日したベトナム人の女の子たちです。みんな若くて可愛らしかった(笑)。 現在、日本の労働人口は全然足りていないとか、いや実は…

続きを読む

最後のフロンティア

今から55年前の今日、人類は初めて宇宙に進出しました。言わずと知れた旧ソビエト連邦空軍少佐ユーリイ・ガガーリンが搭乗したボストーク1号によるものです。今まで人類は色々な恐怖と戦ってきたと思いますが、ガガーリン少佐の恐怖たるや人類史上最大ではなかったかと思います。文字通り前人未踏の境域でしたから。 ガガーリン少佐は息子にとってヒーローでもあります。 私は大気圏突入カプセルの実物大模…

続きを読む

卒業式

今日は息子の卒業式でした。 昨日は疲れていたのか、どうしても5時に起きられず。 こういうときは目覚まし時計が欲しい。帰りに買っていくか。 朝から冷たい小雨が降っていましたが、息子はキチッと礼服に着替えて仏壇に手を合わせ、一緒に読経してから先に登校し、少ししてから我々も学校に行きました。 私の小学校の卒業式の想い出としては・・・ 「ものすごく待ち遠しく、嬉しかった行事」 ・・・だっ…

続きを読む

子供の敬意

子供には子供ながらに尊敬する対象があります。 子供のうちは生きている人が対象になっている場合が多いのですが、有名なアスリートだったりアーティストだったりすることが多いと思います。 で、生きていない人で最も子供にとって尊敬の対象になりやすいのが「ご先祖様」。 普通はお父さんやお母さんが敬意を見せてたり、話しをするからでしょうか。 我が家では「あさが来た」ではないですが、商才豊かで大成功…

続きを読む

騙されてはいけない

私が取っているとあるメルマガがあるのですが、今朝はこんな見出しでした。 「日本にいながら、世界レベルのビジネス英語力を手に入れる方法とは」 ・・・こういう誤解を招く表記は止めて欲しいと思う。 英語を母国語とする国家数は58ヶ国とされています。しかしながら例えばフィリピンのように「タガロギッシュ(タガログ語とイングリッシュを掛け合わせた言葉」と言われるほど、正しく使われていないところが多…

続きを読む

旅立ち

最近息子はよく友人たちと週末にやや遠目のサイクリングに出掛けます。 今時の学校はなかなか規則が厳しくて、何年生までは町内までとか何年生は学区内とかいろいろあるようですが、6年生ともなるとそういう縛りも少ないようです。 「どこか一人で遠くに旅をしてみたいんだよなぁ」 「とにかく遠くに行ってみたいんだよ」 最近よく言う口癖です。 今朝も近隣の地図をずっと眺めていました。 そういう時期…

続きを読む

建国2676年に想う

ここ10数年ほど、2月11日になるといつも腹立たしく感じることがあります。 それはこの日の名称である「建国記念の日」です。 変だと思いませんか?「建国記念日」ではなく「建国記念の日」なのです。 「の」が付く方が正式です。 そこに到る沿革がWIKIPEDIAに記載されているので転記します。 ***********************************************…

続きを読む

やはりかなり難しい

昨日は浦和にある国際交流センターに行ってきました。 新しくなってからは行ったことがありませんでしたが、昨今国際交流が叫ばれているせいか、なかなか人が多く驚きました。大変良いことです。 なぜ行ったのかと言えばここでロシア語のサークルが活動しているからです。 ロシア語に関する活動は非常に少ないのが現状です。 ということで少しでもロシア語に触れる機会を持とうという目的で行ったのでした。 …

続きを読む

正師逢見ということ

昨日は息子と庭で伐採した枝葉の残りを袋詰めしていました。 たまたま師匠と弟子の話に及んだとき、私が言いました。 「良い師に出会えるというのは時には人智の及ばない神の領域であることがある。どんなに良師を渇望していても巡り会えない人は多い。ただ言えることは良師に巡り会うことができる人は決まって志の高い人だ。」 息子は少なからぬ衝撃を受けたようです。 「え?本当?」 「ああ、出会った師は必ず…

続きを読む

腑に落ちた本

本格的に坐禅をするようになった2007年頃から読書量がめっきり減りました。それまでは月に少なくとも10冊前後は買って読んできた気がしますし、家には3000冊以上の蔵書もありました。2009年頃には100冊前後を除いて全部処分してしまったのですが、その時の爽快感たるや、ものを持たないことの素晴らしさを実感したものでした。 勿論読んできた本たちはみな、間違いなく私の肥やしになっています。残した本の…

続きを読む

子供の教育について愚痴

子供は富士山のように雄大に育てたいものです・・・ 少し愚痴です。 私は学歴というものは「自分で取るべきもの」であって、「親が取らせるもの」ではなく「親が取らせるよう仕向けるもの」でもなく。あった方がいいと思いますが、よいかどうかは自分で気付くべきもの。幼稚園からエリートコースというのはゾッとします。私立小学校、私立中学校などに入学するのは本人の希望があった場合、親の予算に合わせてだと…

続きを読む

瑞穂の国の民であること

今朝、息子がふと私に尋ねてきました。 「日本は『帝国』?」 「ああ、そうだよ。」 「じゃあ日本は『日本帝国』って言うの?」 「政体的にはね。実際の正式名称は『日本国』だけど」 「なんで?」 「戦争に負けてから『帝国』っていうのは悪者っぽいイメージがあるからじゃないかな。外国では『emperor』は悪い奴が多い。」 「日本は違うんだ?」 「悪い天皇もいたかもしれないけど、天皇がなく…

続きを読む

○○があれば戦争なんて!

今日は息子の授業参観日でした。 授業は国語、世界的な問題を選んで自分なりの解決方法などを提案、発表するというもの。 全員が発表の準備はしてきたようですが、時間の関係で発表できたのは8人程度でした。選ばれたテーマのほとんどは環境汚染、戦争、犯罪というものでした。 発表資料を貼ったり、プロジェクターを使ったりとなかなか本格的でした。 ま、小学6年生ですから仕方ないのかも知れませんが、「は…

続きを読む

祈りを込める生活

私が通勤に使っているルート上には小さな神社が1社、町寺が1寺あります。 寺は浄土宗で神社は天王社だそうです。 寺は少し奥まったところにあって、道路に面しているという感じではないのですが、小さな神社は交通の多い道路の角に建っています。 秋になると神社の背後と道路を挟んだ庚申塔隣の銀杏が大変美しく黄金色になります。 私が今の会社に入社した頃は多少荒れていたのですが、ある日工事がなされて、石垣…

続きを読む

蝉の鳴声も減った今日この頃

私は滅多に怒らない方なのですが、やはり人なので怒ることはなきにしもあらず。 能力的なことや些末なことでは怒りませんし、うまく行かないときもそういうものだと割り切れるようになってからは本当に怒りの感情が減り、30代前半に比べたらかなり精神的にはゆとりが出てきたように思います。 私自身は長年やってきた武道で鍛錬してきた精神で乗り越えられると意地を張っていたときよりも、仏のお導きというか禅の賜とい…

続きを読む

"study"と"learn"

英語を実践的に使い始めて概ね30年にもなるのに、今朝大変な大間違いに気付き青くなりました。 その単語は"study"と"learn"。 どちらも「学ぶ」ですが、私は今まで"study"は何かを習得する、量より質の方が"study"で、"learn"は質よりも量的な意味での「学ぶ」だとばかり思っていました。 ところが実際は逆!(らしい) しかし、微妙なところで入り組んでいて頭の悪い私に…

続きを読む

「あの日、僕らは戦場で」を観た

録画していた、 NHKスペシャル アニメドキュメント「あの日、僕らは戦場で~少年兵の告白」を息子と観ました。 なかなか良くできた番組のように思います。個人的には何故アニメなのかと思いましたが、実際に見て見ると少年たちが演じるよりは良かったかと思います。デフォルメすることで戦争の悲惨さを強調したかったのでしょうか。 観る前に息子がぽろっと言いました。 「これはNHKだよ。テレ朝じゃないよ…

続きを読む