利便性への恐れ

私はいつも、一つ便利なシステムや道具を使う度にある程度恐れを抱きます。少し考えが古いのかどうか。武芸者としての恐れです。 例えば車。簡単なところでは駐車時にヘッドライトの消し忘れがあったとします。キーを抜くと自動的に消えます。便利ですが、それは逆に「ライトを消す」という簡単な注意と行動を忘れさせてしまいます。 ハイテクでは昨今多くの車に搭載されるようになってきた衝突回避システム、あるいは自動…

続きを読む

謹賀新年

今年は妻子とも先に妻の実家に行ってしまったため、猫と二人だけの正月を迎えました。 初詣は毎年特に決めてませんでしたが、今年は我が一族の故郷、江戸川区鹿骨にある鹿島神社に行くことにしました。 少し遠いと思ったものの、原付で40分程度でした。 今まで数回参拝しましたが、社が開かれて氏子たちが活動しているのは初めて見ました。 江戸時代までは五社神社と呼ばれていました。 …

続きを読む

およげ!たいやきくん

昨日臘八坐禅会第6夜から帰宅して風呂に入ったのですが、湯船に浸かりながらふと思いついたことがあります。あの「およげ!たいやきくん」の歌詞についてです。 「まいにち まいにち ぼくらはてっぱんの うえで やかれて いやになっちゃうよ」 で始まって 「おじさん つばを のみこんで ぼくを うまそうに たべたのさ」 というショッキングな終わりの歌です。 確か私が初めて所有したLPレコ…

続きを読む

師について

古来中国には「三鏡」という言葉があります。 ちょっとネットで調べたのですが出てきません。私の所蔵している中国古典の中に出てきていた言葉だったと記憶しています。今度探してみます。 うろ覚えですみませんが、その三つの鏡を以て我が身を正せというものです。「貞観政要」にも別の意味で「三鏡」という言葉が出てきます。 金の鏡は両親、銀の鏡は師匠、銅の鏡は友人です。 最近よくこれについて考えることがあ…

続きを読む

自意識について

太古の昔、原始時代では「自分で自分を見る」ことができたのは波が立たない水面だけでした。それから何万年か後、多分自意識が強かった人でしょうか、石を磨いて自ら映す事を思い立った人がいたようです。 考古学的に一番古いとされている鏡はトルコにあるチャタル・ヒュユク遺跡で新石器時代後期に当るそうです。ここで黒曜石の鏡が発掘されました。ざっくり言えば今から1万年ほど昔のことです。 その後人類…

続きを読む

観察すること

昔は全ての芸事、技能職は「先輩から技を盗め」という覚え方でした。 手取り足取り教えてくれるような先輩はいませんでした。 先輩たちは高等技術は滅多に新入りには見せなかったですし、新入りは千載一遇のチャンスは石にかじりついてもものにしていた、そういう鎬を削るようなやり取りだったと想像します。 一歩譲って親切な先輩でも喜んで見せてもやはり手取り足取り教えるようなことはなかっただろうと想像します。…

続きを読む

遠近用コンタクトレンズ

このところいよいよ老眼が気になってきて、昨日とうとう遠近両用のコンタクトレンズを買いに行きました。ここ数年でそういうものが開発、販売されるようになってきたとのことです。原理はコンタクトレンズの縁に近い方は遠距離用、中心は近距離用といった感じだそうです。武道をしている関係で眼鏡はどうしても避けたく。 実際に装着してみると、それ程違和感はないのですが、今までのコンタクトレンズでは40c…

続きを読む

皐月晴れ

坐って何かを得ようと期待している間は幾ら坐ったところで得られるものはない。 何か特別な見性体験を期待する内は何も起こらない。 師匠が良く言う言葉です。 悟りを得るときは何かピカッと閃いて何か偉大な体験をするように思われそうですが、恐らく印可を受ける程の境涯の深まりというのは多分、そういう特殊な体験を通さない人が9割とかではないかと思うことがあります。 そういう特殊な体験は間違いなくあ…

続きを読む

米国ドラマ 100

先日からNetFlixでこの「The 100」という米国テレビドラマを観ていた。シーズン1-2で各16話ぐらいだったか。ドラマのクオリティーとしては、なかなかに凝ったセットでよくできていた。で、ストーリーの大筋。 地球は核戦争で放射能汚染されほぼ死滅したと考えられていたが、衛星軌道上残っていた12ヶ国の宇宙ステーションにはまだ人が残っていてつなぎ合わせ97年間大方平和に生きてきたが…

続きを読む

ミリオンセラーの意味するところ

私は幼少の頃から中学生までプラモデルが大好きなどちらかというとインドアの少年でした。高校からは武門に身を投じたので小遣いが回らずやめました(笑) 小学校5.6年生ぐらいの時だったか、所謂「ガンダム」が大ブームになり、誰彼も俗に言う「ガンプラ」を買い求めるために狂奔していました。私は伝統的に普通のスケールモデルが好きだったので正直ガンプラには全く興味もなく。今で言えばJリーグを目指すようなスポーツ…

続きを読む

王道を征く

先日息子と98歳で他界した妻の祖母の葬儀のために名古屋に行きました。その道中での話。 東京駅に行くまで人の流れを眺めていましたが、ふと息子がサラリーマンたちが電車を降りてすぐエスカレーターを駆け上がっていくような急ぐ様を見て、年相応ではない見苦しさを覚えたと言いました。合理的に考えれば1本速い電車に乗れば良いだけで、さもなくば出社してから一つ二つ、自分のタスクを簡素化か合理化すれば済むこと…

続きを読む

聖書から

20代の後半、色々あって結構基督教を熱心に学びました。実際に日本と豪州で教会にも足繁く通ったものです。聖書は何度も読みましたし、英語版も大変苦労しながら一度、頭から全部読みました。結局、基督教徒になったわけではありませんでしたが。個人的にはその基督教の哲学に傾倒したのであって、神の存在についてはどうでもよかった気がします。 聖書の和訳は大変素晴らしいと感じます。文語訳口語訳共々、全ての言葉…

続きを読む

深川巡り

今日は何となくふらっと、深川経由で浅草に行ってきました。深川不動堂を一度観てみたかったからです。深川不動堂・・・う~ん、ちょっと寺としてはどうでしょう、何と言うか成金っぽくて好きになれませんでした。重みを全く感じられなかった。ただ朝早くに行ったためかなり空いていました。で徒歩で深川江戸資料館に向いました。 途中偶然、ブルーボトルコーヒーショップがあったので入ってみましたが、内装はコ…

続きを読む

三人寄れば文殊の知恵

当流では毎年、宗家が漢字4文字で何らかのテーマを掲げることになっています。 今年は「文殊慈心」でした。 数年前から疑問に感じていた諺がありました。 それが「三人寄れば文殊の知恵」です。 「文殊」とは言わずと知れた智慧を司る菩薩。禅宗の僧堂の入口にも安置されていることがあります。 元々、この文殊菩薩が司っている「智慧」は、仏教で言うところの「悟り」を拓くための智慧を指していた…

続きを読む

我思う、ゆえに我あり

これは説明するまでもありませんが、これは近代哲学の基礎を築いたフランスの哲学者、ルネ・デカルトが発した命題です。 Wikiの簡潔な解説ですが、ざっくり言うとこうなります。 「一切を疑うべしという方法的懐疑により、自分を含めた世界の全てが虚偽だとしても、まさにそのように疑っている意識作用が確実であるならば、そのように意識している我だけはその存在を疑い得ない。「自分は本当は存在しないのではないか…

続きを読む

道中談義

週末は妻の実家に家族で行きました。 往路は妻の方が1日早く出たので息子と二人で土曜日の昼頃に家を出て一路鉄道で岡崎まで。 新幹線の中で、私はこんな事を話しました。 「友人は大事にすべきだ。また、親友は長い付き合いになるかも知れないからいつも礼節を尽し義と和を重んじること。ただ自分の志が高くなるにつれてどんどん合わなくなってくる友人は必ずいる。それは致し方のないこと。自分も友人も友に高め合う…

続きを読む

病院にGo!

私は48年ほど生きていますが、生まれた後に病院でお世話になったのは今まで1回、尿結石の疑いで真夜中に腰辺りに激痛があったとき。その時は自分で車を運転して市民病院に行き、結局痛み止めと点滴を打ってもらいました。2時間ぐらいの滞在。 それ以外で通常の診察というものは受けたことがなく。 今回、9月末に大雨の中でバイクに乗り、スリップした挙げ句に転け、右肩を痛めました。 以後今日まで右腕が水平…

続きを読む

大疑団という考え

大疑団というのはよく禅にて用いられる言葉ですが、「疑団」であれば一般的な単語だったかと思います。 字面通りで別段深遠なことではありません。「疑いの塊」です。 一応武芸者なので武芸を例に挙げます。 一つの技をマスターしたとき、大抵は二つのパターンに分けられます。 ひとつは「よし俺はこの技を理解したぞ」という者。努力の末に得たものに対して絶対に自信を持ちます。 もう一つは「この技を…

続きを読む

仏縁という事

昨日は所用があって秋葉原に行ったのですが、来月の遍路の体力作りもあって少し歩こうと思いつき、秋葉原界隈のポイントを歩くことにしました。 最初に降り立ったのは秋葉原の一つ先、小伝馬町。父が生まれて戦時中までいた場所です。当家本邸があったところに行きました。それは伝馬町牢屋敷そば。現在は公園とコミュニティーセンターになっていますが、そのコミュニティーセンターは旧十思小学校を改修して使われており…

続きを読む

ロゼッタストーン

最近話題になっている語学学習プログラム「ロゼッタストーン」を買ってから2ヶ月半ほど過ぎたので、感想などを書いてみたいと思います。私が購入したのは、ロシア語。恐らく英語版を買う人が圧倒的に多いのでしょうが、逆に英語は学習ソフトが大変多く、色々な選択肢があると思いますし、実際に外国人観光客を捕まえて話すことも容易です。欧米人であれば、かなり多くの割合で外国人観光客は英語を話すと思います。私の選んだロ…

続きを読む

「宇宙戦艦ヤマト2202 第2章」感想

本日、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第2章」を観てきました。 ネタバレのない範囲で感想をば。 古代進:年を重ねてきたのに逆にオリジナルの古代に近くなってきた? 真田志郎:いつもながら思慮深い。ま、科学者なので政治的な意味ではあまり役立たなかったか。 徳川彦左衛門:片腕が残留したって事は・・・嘱託なのに。 南部康雄:いや、成長著しいぞ。嫌いじゃない。 加藤三郎:あの苦…

続きを読む

教育について息子と話した

昨夜は稽古から帰宅後に息子と話す機会がありました。 今息子は日本の中学校の宿命とも言える学校、塾、部活のために毎日がギシギシという生活ですが、一体そうすることのどれだけの意義があるのかという事に疑問を持っているようです。 それは確かに誰でも疑問は持ったものです。 学校の勉強の多くは、それがそのまま社会で直接役に立つことはありません。 しかしそれは多くの研究分野でも同じで、直接役立つ研究な…

続きを読む

本来無一物

私が初めてデジタルカメラを所有したのは1997年末頃だったでしょうか。 記憶では富士フイルムのカメラで37万画素だったと記憶しています。 新しい機種がその倍ぐらいの性能で、そのため型落ちということで安くなっていて買いました。20年前になります。 私は1995年頃まで日本語教師になるための勉強をしていて、その頃の授業のスクリーンなどは普通のフィルムカメラで撮影していました。 上記のカメラは…

続きを読む

星の多さと空の広さ

私が敬愛して止まない諸葛孔明は、現在に幾つか言葉を遺しています。 その中で孔明が書いたとされる兵法書があり、その中にこんな言葉があります。 それ軍国の弊に五害あり。 一に曰く、党を結びて相連なり、賢良を毀損す。 二に曰く、其の衣服を侈にし、その冠帯を異にす。 三に曰く、妖術を虚誇し、神道を詭言す。 四に曰く、是非を専察し、私に以て衆を動かす。 五に曰く、得失を伺候し、陰に敵人と…

続きを読む

HP閉鎖

息子が生まれた年に立ち上げた私のHP"文武之間 不動庵" を今し方閉鎖しました。13年ほどですか。色々と思惑はありましたが、直接の理由はなかなか更新できなくなってきたため。今年に入ってからずっとアナウンスし続けていましたが、「消す消す詐欺」みたいになってしまっていました(笑) そこに来てやや差し迫った事情もあり丁度よかったと思っています。ネット上の情報を消してからと思ったのですが、ボタンひとつで…

続きを読む

人としての品格

ここ最近はなかなかに息子とどこかに出かけることがなく。 傍から見ていても部活と塾と英会話教室を続けることは大変そうです。 昨日は息子の服などを買うために二人で自転車で草加市の中心街まで行きました。自転車で20分程度でしょうか。 その道中で久し振りに語りました。 学問をすること、これは人として重要な事です。 個々の人間として向上を目指すという点で重要ですし、次の世代に継承させるという…

続きを読む

「性善説」と「性悪説」

中国思想の帝王たる儒家に初めて手を出したのは高校3年生から留学直前、法家道家と真逆の思想で、道家に散々叩かれているからという理由だったのと、呉子、韓非子を生み出した荀子の祖である儒家がどんなものかもっと良く知りたかったからでした。別段孔子の徳に吹かれた訳ではありません。もちろん最初に読んだのは「荀子」(笑)、江戸時代、性悪説の主流たる韓非子や荀子は悪徳の書とされ、禁書扱いではありませんでしたが堂…

続きを読む

ひよっこと出稼ぎ

私は有村架純さんの大ファンです。ということで、「ひよっこ」は欠かさず観ています(笑) 有村さんだけでなく、レギュラーメンバーみんな、若さも相俟って本当にまぶしいぐらい。・・・そんなことを書くと余計、自分が年取ったように感じます。悲しいです(笑) みね子さんたち世代は大体私の両親ぐらい。私の両親はどちらも戦前生まれですが、妻の両親はちょうどみね子の世代。みね子さんは昭和39年で18歳ですから生まれ…

続きを読む

初心忘るべからず

今朝、たまたま手にした円覚寺管長横田南嶺老師の本にいいことが書かれていました。ちょっと抜粋します。 修行といいますと、はじめ何も分からない修行僧がだんだん修行を重ねて偉くなっていって、先輩の雲水になり、役位という僧堂の運営に携わる立場になり、やがて和尚さんになってゆくと、修行が進んでゆくように思われます。和尚さんの中でも更に進めば老師さまや管長になってゆくよ思われるかも知れません。私も初め…

続きを読む

寺社の傍には幸せがある

さっき、神社仏閣の傍で育つと幸せに感じるという記事を読みました。 世の中にはなかなか面白いことを研究する人がいるものだなと感心しきり。 *************************************************************************** https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-000005…

続きを読む