利休道歌(Rikyu Doka) Vol.14

【Original】 規矩作法 守りつくして 破るとも 離るるとても 本を忘るな 【Hiragana】 きくさほう まもりつくして やぶるとも はなるるとても もとをわするな 【Roman】 kikusahou mamoritsukushite yaburutomo hanarurutotemo motoowasuruna …

続きを読む

利休道歌(Rikyu Doka) Vol.13

【Original】 目にも見よ 耳にもふれよ 香を嗅ぎて ことを問いつつ よく合点せよ 茶の湯をば 心に染めて 眼にかけず 耳をひそめて きくこともなし 【Hiragana】 めにもみよ みみにもふれよ かをかぎて ことをといつつ よくがてんせよ ちゃのゆをば こころにそめて めにかけず みみをひそめて きくこともなし 【Roman】 me…

続きを読む

利休道歌(Rikyu Doka) Vol.12

【Original】 稽古とは 一よりならい 十を知り 十よりかへる もとのその一 【Hiragana】 けいことは いちよりならい じゅうをしり じゅうよりかえる もとのそのいち 【Roman】 keikotowa ichiyorinarai juoshiri juyorikaeru motonosonoichi …

続きを読む

利休道歌(Rikyu Doka) Vol.11

【Original】 点前には 重きを軽く 軽きをば 重く扱う 味ひをしれ 【Hiragana】 てまえには おもきをかるく かるきをば おもくあつかう あじわいをしれ 【Roman】 temaeniwa omokiwokaruku karukioba omokuatsukau ajiwaioshire 【Mea…

続きを読む

利休道歌(Rikyu Doka) Vol.10

【Original】 なまるとは 手つづき早く 又おそく ところどころの そろはぬをいふ 【Hiragana】 なまるとは てつづきはやく またおそく ところどころの そろわぬをいう 【Roman】 namarutowa tetsudukihayaku mataosoku tokorodokorono sorowanuoiu …

続きを読む