暗闇を観るということ

何度か山ごもりをしたことがあります。 ドラマによく出てくるような感じですが、まあ数日ぐらいと言うことで。 初めてやったのが高校2年の時。 奥秩父の、登山道がない寂れた山に行きました。 正直、数日山ごもりしたからと言って、何か分かるほど世の中甘くありません。 せいぜい、一体何に悩んでいるんだとか、ハッキリしていることとそうでないことの境界線がある程度明確になる、といった感じでしょうか。 …

続きを読む

雪原に佇み想ったこと

週末は家族で長野県は美ヶ原高原に行きました。 そこで、少々機会があったので、たった一人で雪に覆われた高原を歩きました。 気温はマイナス10度以下、風速は多分、前進しにくい程なので、10メートル近くはあったと思います。体感温度は風速1m毎にマイナス1度ですから、雪原に佇んだときはマイナス20度近かったかと思います。 雪原に一人で佇んだらどんな感じになるか、宿泊した小屋(と言っても鉄筋コンクリ…

続きを読む

家族旅行 クロスカントリースキー

金曜日と土曜日は家族でクロスカントリースキーに行ってきました。 行き先は長野県にある美ヶ原高原。 朝6時に家を出立、新宿駅7時半発のあずさ号に乗り、一路下諏訪駅まで。 鉄道の旅はいいものです。 私はどちらかというと自動車派ですが、鉄道の良さは心を100パーセント思索に耽ることができるからです。 自動車だとそうも行かない。今回の旅では鉄道の良さを十分に楽しみました。 幸か不幸かうちは3…

続きを読む

日の丸の旗の下に

禅の世界では自らを空とか無の中に置くようなありかたを目指していますが、現実問題として誰かと相対したとき、自分のカラーを見せねばならぬわけです。私などは10代の頃から大言壮言が過ぎ、苛烈な言葉が祟っていたので、10年ぐらい前から大いに革め、ここに来てようやく、ぼちぼち効果が出てきた案配です。 世は21世紀、ネットに繋げば地球の裏側の人とも瞬時にコンタクトできる世の中です。飛行機を使えば行けな…

続きを読む

そうか、有名人か

今日は息子と共に図書館に行き、1時から遅れていたロシア語の勉強に打ち込みましたが、3時にミスドで休憩を取り、戻ってきたら全部席が埋まっていました。思えば受験の大詰めの時期ですからね。受験生に譲りましょう。 上の階にあった児童図書館に行き、息子に本を選ばせました。その間、草加市に関する歴史の本があったので目を通しました。 で、目にとまった人物が二人ほど。 大川図書 何を隠そう、草加宿の…

続きを読む

冬休み最後の日

昨日は年末年始休暇最後の日と言うことでゆっくりしたかったのですが、結局は忙しい1日となりました。 1/6は坐禅初め。所用があったので、息子を連れて5時過ぎに家を出て寺に。 寒いの何のって。マイナス3度近くはあったでしょうか。 歳を考慮して(苦笑)作務衣の下にトリプルヒートテックで武装しました。 さすがに年初だけあって人は多かったです。まあ通年で来る人は私を含めて5人ぐらいですけどね。…

続きを読む

99.9%と100%は質的に違う

今朝は久しぶりに息子と「すねえもんの旗」を鑑賞しました。 「すねえもんの旗」は私が尊敬する友人で絵本作家のときたひろしさんが描いたものです。 この作品はweb絵本形式なのですが、できたらその内ちゃんとした絵本として出版して欲しいですね。 http://tokitahiroshi.com/suneemon.swf 息子も十分に感動してくれたようです。来年は強右衛門ツアーに連れて行きたいと思…

続きを読む

中国人と横浜と

昨日は弊社の中国人研修生たちを連れて横浜に行ってきました。 まあせっかく日本なのだから日本っぽいところにと思ったのですが、うち一人は全く日本語が話せないので、多少中国っぽいところに連れて行けば、元気が出るかと思い、連れて行った次第。 こういう時期です、色々話したいところです。 迎えに行って、近所の駅に車を止め、改札を通ろうとしたところ電話がかかってきました。 ずっと昔、日本語教育をし…

続きを読む

インディアンの祈り

留学中のことでしたが、友人の家に遊びに行った折、トイレに何かの言葉が飾られていました。ちょっと気になったので、その場で書き取り、持ち帰りました。15歳頃から格言や名言を集めたり作ったりすることが趣味になっていたので、その言葉もコレクションのノートに書き記しました。 帰国後、しばらくして本屋に行ったとき偶然、それが和訳され販売されていることを知りました。インディアンの言葉、とか、インディアン…

続きを読む

巨福山 建長寺 開堂式

昨日は有休を頂いて朝から鎌倉に行ってきました。 毎月第1、第2日曜日の早朝座禅会に行っている寺の老師が今度、かの鎌倉建長寺の管長になるからです。正確には次期管長になるための儀式で、すぐに交替という訳ではないそうですが、簡単に言うと次の管長様です。 私が行っている寺は(すみません、諸般の事情であえて伏せさせていただきます)やはりそれなりに大きく、老師以下、常に3.4人の雲水さんが働いています。…

続きを読む

尾瀬ヶ原 神のタイミング 2

元々私は朝早いので(4:50起床)、翌日も5時前に起床。もちろんアラームのような無粋な機械なんて使ってませんよ。 さすがにまだ曇天で時折ポツポツ。身体の調子を伺うと、脚の付け根やや外側の筋肉が少し筋肉痛になっている以外、どこにも異常がなく、ほっとしました。 ここの筋肉は甲冑などを長時間装着していても時折痛くなりますね。今回も10数キロの荷物を担いでました。普通ではなかなか鍛えられないのでしょ…

続きを読む

尾瀬ヶ原 神のタイミング

関東に住みながら、まだ一度も尾瀬には行ったことがありませんでした。何と言っても色々規制が多い上に非常に人気のある国立公園、テレビなどでは、狭い板敷きの道が人の行列で溢れかえっているのを眼にします。 今回、息子の授業参観の代休を利用して日月で参ろうということになりました。 9/29の夜に池袋から長距離バスで尾瀬まで。30日の早朝から歩き、当日は一番東端にある山小屋で宿泊、翌日は別のルートを辿っ…

続きを読む

キーケース

最近、あまり書くことがないのでつまらないことをば。 愛用のキーケースが古くなってきたので、新しいものにしようかと思っています。 今使っているのは革製で内側にファスナーが付いていて、小銭も入るようになっています。 カギは計6個付けられるのですが、個人的によく利用するのは車のカギだけ。 それ以外にももう一つありますが、これはほとんど使ったことがない。 それ以外に何が付いているのかというと、…

続きを読む

露雑2

ロシア人は男女ともよくショルダーバッグを使ってます。 それを斜交いに掛けて使います。 斜交いに掛けることは日本では女性だけですが、ロシアでは男性もそうします。 何故リュックやサイドポーチではないのかというと、背中に背負うと物取りに遭うからだそうです。サイドポーチも切られるとするりと盗られてしまうとか。なのでショルダーバッグが一番よいのだそうです。 よく見ているとサイズは大体二種類で、一つ…

続きを読む

露雑

公園にはよく、有料トイレを見かけました。ほとんどがいわゆる私設で、公園管理事務所に場所代などを払っているのだと思います。トイレはいわゆる仮設トイレを大体3-4個連結させ、一つだけはそのトイレの管理人がいるところになっており、テレビやラジオ、雑誌や飲食物が置いてありました。そして残りがトイレです。見たところ有料だけあって確かにきれいに掃除されています。使用量は大体どこも同じで、30ルーブル(約75…

続きを読む

露芸

訪露中、生まれて初めてバレーというものを鑑賞しました。 ロシア青年劇場という、ボリショイ劇場の左隣にある小さな劇場でしたが、内装はよくテレビに出てくる感じの立派な劇場でした。鑑賞したのは白鳥の湖。 私は高校生ぐらいのときからチャイコフスキーが好きで、よく聴いていました。 鑑賞料はそんなに高くなく、普通席で3500円ぐらい。 主役のバレリーナさんはさすがにすごかった。 見ていてゾゾッ…

続きを読む

露人

男性 全体的によく家事などをするようです。 私と相通ずるものがあるな。 友人の父は私の父と同じく、まめに家事をするようでした。 でかい体格の人が多いと思われがちですが、以外にそうでもない人も多いです。 基本的にアメリカ人みたいに陽気な人は少なく、やはり静かな人が多いように思います。 繁華街に行っても周囲が迷惑するようなバカ騒ぎをする人はほとんど見かけません。 ファッションセンスもな…

続きを読む

露景

今回でロシア旅行は2回目です。 また、今回は初めてロシア人友人のお宅に1泊ですが宿泊しました。 ロシアに行ったことがある人も少ないでしょうが、一般家庭に宿泊したことがある方はもっと少ないと思います。 今や経済的に躍進しているロシアを象徴するかのように、モスクワ郊外でもマンションや家がどんどん建てられています。 概してソビエト時代に建てられた建築物は無機的でレゴブロックのような感じですが、…

続きを読む

露政

これも日本にはなかなか伝わらない部分です。 ロシアでは基本的にかなり個人の権利が保障されています。 例えばやらないほうがよいですが、赤の広場で1人でプーチン大統領の悪口を言っても何も言われないか、警察官に怒られる程度です。まあ、今は時期が悪いので交番に同行されるかも知れませんが。いずれにしても中国のようにひどい扱いになると言うことはまずありません。 警察官は最近になってやっと、社会主義…

続きを読む

露労2

今、ロシアは非常に経済的に躍進してきています。 その辺りは中国も同じなのでしょうが、ロシアで作られているものは若干、まともな気がします。 建築物なども建設ラッシュですが、見ていて気分が悪くなるようなデザインはなかったように思います。ちゃんとロシアの風景を損なわないものです。 サンクトペテルブルグなどでは大工さんは皆、結構ハイレベルなことをしているようでした。(傍目に見ていても難しそうでした…

続きを読む

露労

社会主義国で一番気分が悪いのは「サービス」。元々そういう概念がないためです。 がさつに商品を突きつけられたり、代金をひったくられ、おつりを放り投げられたり、日本と言わず多くの資本主義国からの観光客の気分を害しているのは事実です。 とはいえ今はロシアであれ中国であれ、自由時お金を稼ぐことができます。自分の才覚次第で収入を上げられるのですからそこは自分のやり方と言うことで。しかしながらサービ…

続きを読む

世界のトラブルメーカー 韓国人の場合

露国から帰国するために、モスクワ北部郊外にあるシェレメチェボ空港に行きました。 そこでチェックインと出国手続きを終え、デューティーフリーショップを回り、足りない土産などを買おうとしたところ、非常に腹立たしい場面に出会いました。 商品を選んだ後に息子とレジに並びました。ところが私の3人前に韓国人家族が精算をしようとしたところなのですが、その方法にそこに並んでいた人々みんなが呆れました。…

続きを読む

東京スカイツリーに行ったよ

日曜日はあいにくの天気でしたが家族で東京スカイツリーに行ってきました。 行く前にヨドバシカメラで念願の新型デジカメを購入。 オリンパスから先月出たばかりの新作、TG-1を買いました。 防塵、12m耐水、2m耐衝撃という、アウトドア用です。 ただしオプションでレンズも替えられるというなかなかのスグレモノ。 恐るべき事にGPSが組み込まれていて撮影場所も記録できたり、ジャイロコンパス機能が…

続きを読む

東海寺と沢庵禅師

13日の金曜日と言えばジェイソンですが、個人的にホラー映画とは関係ないジェイソンという名前にいや~な思い出があるので、こういう日は気分がよろしくありません。 13日は所用があり、珍しく港区まで。用事を終えると品川区にある臨済宗東海寺に行ってきました。 東海寺といえばかの沢庵禅師が住職されていたお寺です。 京急新馬場駅で降りて歩くこと5分。のっぽの真新しいマンションを背にしたところに東海…

続きを読む

グローバル・ビジョン

グローバル・ビジョンという番組がある。 ナビゲーターは知花くららさん。 http://www.globalvision-tv.com/index2.html うちの息子はこれがなかなか好きで、よく見ています。 番組的にはシンプルで、単純に3カ国の一般家庭の1日を紹介しているだけなのですが、このシンプルさがよいと思います。 が・・・ 一番ウンザリさせられることもあります。 …

続きを読む

笠森観音

昨日は所要があって午後から千葉県房総半島に行ってきました。 天気は曇天、まもなく雨が降るかと・・・。 昼間で仕事をして、午後からの出立でしたが高速が非常に空いていたために難なく千葉市を通り過ぎた頃・・・あ、時間があると思い、少し寄り道をしました。 行った先は長南町にある天台宗大悲山笠森寺。笠森観音で知られているお寺です。 坂東三十三箇所の第三十一番札所にもなっています。 開基は伝教大師…

続きを読む

近くても遠い国だよ日本と中国(笑)

昨日、メキシコ人の同門を歴史的な行事に連れて行ったのは前のブログの通りですが、帰路、中国ネタで盛り上がったおかげで眠くなりませんでした。 同門はメキシコ人で花の女子大生! 幸い英語も話せ、色々と語り合いました。 彼女は来日は初めてでしたが、実は以前、短期留学で中国上海に1ヶ月ほど行ったことがあるそうです。 元々日本に留学したかったようなのですが、たまたま運悪く受け入れ先が見つからず、…

続きを読む

北條氏邦公・大福御前慰霊祭

昨日は坐禅会のために早朝4時半に起床、5時に出立。 5時半から1時間と2柱目30分を坐り、提唱を聞いて茶礼の後に解散。 いつも通りの坐禅会でしたが、僅かに人が少なく、気持ちよかった。 珍しく隣に雲水さんが座っていましたが、チョコチョコ動きよる。 修行が足りぬな(笑)。 その後、一旦帰宅、着替えてから荷物を積み込み、慰霊祭のために出陣。 まずは墨国(メキシコっす)同門とその母上を迎…

続きを読む

滝之城 参戦記録 その2

行軍と戦闘 20日祭り当日、若者衆が夜中まで気炎を上げていたにもかかわらず(笑)、早朝坐禅会と同じ4時半に起床。皆を起こさないように5時前に外に出ました。 早朝の森の中というのは夜中に放つ樹木の気の残滓と空気の清涼さが入り交じってすがすがしいを通り越す感覚です。 神社周辺を回った後、武蔵野平野を眼下に見下ろしてついついベンチの上で軽く稽古などしてしまいました。 社務所に戻るとまだ皆様…

続きを読む

滝之城 参戦記録 その1

栄えある第一回目! 埼玉県の南、東京に接している市の一つが所沢市です。 航空自衛隊の基地もあり航空史的にも有名なのですが、そこには歴史に埋もれた城があります。 その名も「滝之城」。戦国時代に築かれ、戦国時代が終わると共に滅んだ城です。 現在は城山神社として関越自動車道とJR武蔵野線を眼下に見下ろせる武蔵丘陵の一番端にその城跡を僅かに留めています。 そこで地元を盛り上げるために初めて…

続きを読む