不動庵 碧眼録 閉鎖

長らく利用していたこのビッグローブのブログ、不動庵 碧眼録を閉鎖する次第となりました。 正確には引っ越しになります。 引っ越し先ははてなブログ、URLは以下の通りです。 https://bunbu-fudoan.hatenablog.com/ 名前は今まで通り不動庵 碧眼録のままです。 記事を書き始めるのは来月に入ってからになると思いますが、引き続きご覧頂ければと存じます。 …

続きを読む

小林一茶を訪ねて

今日は柏での稽古の帰路、いつも素通りしていた流山市の江戸川沿いにある一茶双樹記念館に立ち寄りました。 江戸時代の1800年頃、この辺りには秋元三左衛門という醸造家がいました。この方はなんと、我々が料理でよく使っている調味料「みりん」を発明した方!なんです。もう少し北に上がると野田のキッコーマンがありますが、この辺りは色々な醸造が盛んだったようです。で、この秋元三左衛門さん、俳句にも大変熱心でそ…

続きを読む

質量保存の法則に想うこと

質量保存の法則という化学の法則があります。それは「化学反応の前後で、それに関与する元素の種類と各々の物質量は変わらない」という法則です。何かが燃えて灰になっても、それは別の物質に変換したり結合したりしただけで、その質量そのものが煙のように消えてなくなるわけではありません。もう少し詳しく言うと、この宇宙の中で例えば銀河系の数百個程度がなくなったとしても宇宙全体の質量の総量は変わらず、単純に別の物質…

続きを読む

ブログ遍歴

初めてブログなるものを書いたのは記録によると2004年6月27日、私が加入しているプロバイダーが運営しているビッグローブのブログ「ウェブリブログ」でした。Wikiによると2004年頃からブログを開く人の数が顕著に増えたとのこと。ただ私の場合は1999年頃から先行してすでにHPを持っていました。当時HPを持っていた人は珍しかったですね。作るのも大変な手間暇が掛かりましたが。それに比べるとブログは敷…

続きを読む

いじめについて

今年の2月13日、北海道旭川市の中学2年生の少女が先月遺体となって発見されました。2月中旬に軽装で家を出て、公園で凍死して雪に埋まったままになっていました。原因はいじめによるものだそうです。 こちらが記事になります。 「娘の遺体は凍っていた」14歳少女がマイナス17℃の旭川で凍死 背景に上級生の凄惨イジメ《母親が涙の告白》 https://bunshun.jp/articles/-/…

続きを読む

何割?

昨日も「青天を衝け」を観ました。やはり幕末ものは面白いですね。 私は幕末維新が好きなのですが、調べたことが無い案件があります。 それは幕末維新の戦闘による戦死者のうち、何割が銃による死亡なのか、ということ。 逆に言えば何割ぐらいが刀や鎗によるものなのかという事です。 400年前に約1世紀続いた戦国時代が終わり、以後250年もの太平の世が続きました。 戦国時代は生き延びるのが必死だった武…

続きを読む

忍耐は先ず一服の間とぞ知れ

私の武芸歴は35年にもなりますが、20代は海外留学や海外赴任、地方赴任などで合計7年近くは地元にいなかった計算になります。30歳からここ20年以上は幸いにコンスタントに継続してます。いや継続してました、というのが正しいでしょうか。 2020年3月頃から始まったコロナ禍のために8月頃まで師事していた道場の稽古は休止、せっかく9月から再開された稽古も年明けてしばらく休止、で、やっとまた先日から再開…

続きを読む

桜色まで

昔小学校だったか、国語の教科書に載っていた話で興味深いものがありました。 それは桜色の着物についてです。 布をどのように桜で染めるのか、と言う話。 皆さんご存じでしょうか? 実はあれ、さくらの花びらで染めているわけではないのです。 花びらを煮てもきれいな桜色は出ないそうです。 では何で染めているかというとそれは「枝」。蕾がなった開花前の枝を煮て色を抽出するのだそうです。枝なので当然桜…

続きを読む

前後の違い

私はあまりエゴサーチなどしない方ですが(幸いにして有名人でも何でもないのでほとんど引っかかりませんけど)、先日友人の一人からYouTubeに出てくると教えられました。ずいぶん前ですが一つ二つは見たことはありましたが結構あってビビった(笑) いや、私の名前では出てきません。私の師匠の名前ですが。実は私、あまり自分の動画は見ません。ハズいので。だから自撮りも滅多にしませんし。あれは自意識過剰になるの…

続きを読む

無意識に意識を張り巡らせる

若い頃は基礎的な鍛錬に汗水垂らしました。もちろんそれは今でもしなければなりませんが(私はかなり怠惰で恐縮ですが)。 ただ初心の頃と違うのはその稽古の質をどこまで押し広げられるかというところです。初めの頃は・・・(イカン、昔過ぎて記憶が・・・(笑))兄弟子たちの動きを可能か限り正確にトレースして、自分なりに模倣して動く。それができて初めて自ら動くのですが、ある意味本当の修業はそこが起点ではないか…

続きを読む

四季を感じる

今し方、庭の手入れをしてきました。 冬にかなり大規模に間伐をして、少々やりすぎてしまったかと思うぐらい庭の樹木を伐ったのですが、自然の回復力というものはやはり偉大で、モリモリと深緑を萌えさせています。 我が家には庭があります。で、庭の広さの割には樹木が多く、これはなかなか手入れが大変です。ただ両親が色々と考えて植えたもので、1年中、必ずどこかで花が咲いているように配置されています。 私は植…

続きを読む

何でも使う

最近、アメリカのテレビドラマ「マクガイバー」を観ました。その昔、80年代に放送された「冒険野郎マクガイバー」のリメイク版です。割に面白かったですね。 マクガイバーの醍醐味は何と言ってもその場にあるものを応用して、スイスアーミーナイフ一本で危機を脱するという、ちょっと変わったもの。80年代のオリジナルの時もマクガイバーに憧れてスイスアーミーナイフを買いました(笑) 武芸に於いては常に相反す…

続きを読む

まだまだ先かな

一昨年末、武門において色々と大きな動き是在りで、久方ぶりに指南をしてみようと思い立ち、あれこれと準備をしていたのですが、昨年頭からコロナウイルスが世を賑わしてきて、ちょっと地域コミュニケーションのグループなどにお知らせをアップした頃にはコロナが蔓延してそれどころではなくなってしまいました。それからもう1年以上経ち、世はワクチン接種か感染拡大かと、まるで宇宙戦艦ヤマトの帰還か放射能汚染による絶滅か…

続きを読む

防災の備え 3

さて、次は日常的に必ず持っていた方がよい災害用品について。 これは通勤時間や通勤形態によって変わりますが・・・自動車通勤の場合は常にほぼ完全なセットを持っているのでここでは電車通勤をしている場合を想定して書きます。 想定するのは「通勤時に災害に遭ってしまったら」です。日本人の平均的な通勤時間は1時間弱だそうですが、多分ドアツードアで考えたら1時間は超えると思います。つまり往復2時間。会社…

続きを読む

防災の備え 2

まず防災用品を格納しておく場所は確実なのは「自動車」です。季節の寒暖差はかなりありますが、自宅は地震で倒壊したり燃えたりします。それに較べると自動車はかなり生存確率が高い。ただ機械式駐車場や地下駐車場だと難しいかも知れません。とはいえ自動車は寝起きすることも可能であることが多いので、移動を含めてやはり自動車に搭載しておくのが一番合理的です。私の場合ですが、以前所有していたアルトワークスとトッポと…

続きを読む

防災の備え 1

何となく、災害用の備品についてまたちょっと書きたくなりました。虫の知らせかどうか分かりませんが、それに近いかも。違ったら脅かしてスミマセン。多分、幾らか参考になると思いますので良かったらご参考下さい。数回に分けて書きます。 私が初めてサバイバルキットなるものを手にしたのは高校1年生、15歳の時。アメリカの香りがしました(笑) 以後35年以上色々な形で色々なものを試しつつ、現在に至っています…

続きを読む

天上天下唯我独尊

本日はお釈迦様の誕生日に当ります。 キリスト教では12月24日は盛大に盛り上がりますが、どうもこの4月8日が盛り上がらないことに一仏教徒として些か不満に思います(笑) 日本ではクリスマスがこれだけ隆盛しているのだから誕生会(たんじょうえ、と呼びます)も盛り上がってもいいような気がするのですが・・・まあ、キリスト教の場合、馬小屋で生まれて高名な学者が3人も駆けつけて、しかもお母さん、バージンだっ…

続きを読む

武芸と禅

初めて禅というものに触れたのは2002年のGWの時でした。その前の週にNHK「小さな旅」で紹介されていた群馬県南牧村にある山奥の寺が大変素晴らしかったので、GWに早速行ってみました。かなりの山奥で本当にここで良いのかと思うほど細い道を進んでいくとその寺はありました。宗派は「黄檗宗」聞いたこともない宗派でしたが、禅宗の一つです。そこには住職もいました。私の父より一歳年下でしたが、僧侶と葬式以外で親…

続きを読む

守破離で言えば離

源義家は平安後期、西暦で言えば1039年頃に現在の大阪辺りで生まれました。長じて東方方面の遠征を重ねて武勲を上げ、八幡太郎とか武神など、誉れ高い武人として知られています。この源義家が注目されている点は武芸を嗜んでいる人なら分かると思いますが、今まで貴族の犬として地方の荘園を守護していた武装集団、今で言うところのガードマンから現代で言うところの「武士」に変貌を遂げた時期でした。この源義家を以て武士…

続きを読む