バルトの楽園

先ほど松平健主演の「バルトの楽園」を観た。評判に違わず大変素晴らしい作品だった。何にも増して素晴らしいのはこれは実話だったという事。日本は第1次世界大戦では連合国であったが、欧州諸国に較べるとそれ程動員したわけでもなく。実際は数万の陸軍を中国のドイツ租借地に送り込んで攻撃を加えたことと約20隻の海軍艦艇を地中海に派遣したというものだった。だからドイツ人にはそれ程憎しみがあったわけではなく、それも…

続きを読む

東京大空襲75周年目

今から75年前の今日、東京にて米軍による大空襲が行われて10万人以上の一般市民が殺害されました。東京大空襲のみならず連合軍は欧州に於いても大規模な絨毯爆撃を行っており、軍人による一般市民の殺害という点では実はかなりの数になります。ナチスドイツと手を組みはしたが日本は間違ってなかった、とか、米国の正義が正しいとか、そういうことにはそれ程興味がありません。 戦争が戦争たる所以は互いの正義がぶつかり…

続きを読む

戦争の耐性

今更ながら言う事ではありませんが、日本では71年も戦争がありませんでした。 そして戦地に行った戦争体験者の年齢は90歳に手が届きます。 つまり国民の8割とか9割は戦地体験がありません。「戦争とはどういうものか」という場合、いつの頃か物心ついて間もない人の戦災体験などが主なものになってきました。 そして恐るべきはこの71年間、一応戦争で死んだ人は全くいないという事です。日本は先進国です。同じ…

続きを読む

富士総合火力演習参加に当って

日曜日は息子と陸上自衛隊 富士総合火力演習に初めて行ってきました。 富士総合火力演習とは陸上自衛隊が年に一度、富士山麓の広大な演習場において、各種戦闘車両や航空機を参加させて実弾演習を行い、それを一般市民に見せるというイベントです。 大変人気のあるイベントのために、普通に応募すると30倍ぐらいの倍率なのだそうですが、今回は友人に自衛隊関係のつてがあり、チケットを頂けることになりました。 と…

続きを読む

平和であると言うこと

我々一般市民、特に先進国や中堅国では貧富の差こそあれ、少なくとも銃声や砲声、爆撃音などを聞くことはまずありません。(アメリカでは銃声は良く聞きますが) 留学中や当流の外国人たちと話していて絶句させられるのは、大変貧しい地域で、安全に暮らせない人が多くいたり、政情が不安定でクーデターや紛争がしょっちゅう起きている国に住んでいる人がいたこと。 留学中、中東の学生は自衛のためにショットガンを購…

続きを読む

ロングセラー

機械においてその機構が長いこと使われているという場合は、間違いなくその構造が優れているためです。 一般の機械でも当てはまりますが、軍事においてひとつの兵器が長いこと使われ続けてきているというのはある意味驚異的でもあります。何故なら通常、軍事とはその国家における最先端科学、工業が結集したものであり、日進月歩が早い事でも知られているためです。長らく固有の兵器が使われることには他に理由もありますが、…

続きを読む

71回目の終戦記念日

今年は戦後71年に当ります。 71年というと、例えば明治維新で言えば明治元年から昭和14年になります。 色々な言い方がありますが、結構昔になってきているのは事実のように感じます。 終戦80周年ぐらいになったら、当時の戦争体験者は多分ほとんど他界していると思います。 71年というのはざっくり2世代に相当しますから、多分今の世代の日本人には戦争は体感として理解しにくいものになっていると思…

続きを読む

衆を以て寡を伐つ

中国春秋戦国時代には王で傑出した人が少なくないのですが、中でも個人的に文武両道のバランスの取れた、覇者と言ってよいと思っている人が1人います。 それは斉の威王、田斉になって4代目の王です。 初めのうちは暗愚を装って3年ほど国政を放置していましたが、淳于 髠という説客が、 「わが国には大鳥がいて、王庭にとどまっておりますが、この3年間鳴くことも飛ぶこともしません。この大鳥はなん…

続きを読む

戦場のローレライ

今から丁度100年前は明治時代最後の年でした。 この年に44歳以上の人は江戸時代生まれです。当たり前ですね。 この年をWikiで調べてみると、やっとこさ日本の関税自主権が回復され、普通選挙が可決されたそうです。 でもこの時には既に無線もありましたし、自動車もありました。飛行機も飛躍的に進歩中でした。江戸時代生まれの人はどう見ていたのでしょうか。 日本はアジアで台頭してきたとは言え、軽工業…

続きを読む

トランスフォーマーを観て哀しかった

子供の頃、アニメや映画で観た科学兵器というのはとてもカッコよかった。 男の子なら胸をワクワクさせるような形、動きをしていた。 現在の兵器は時には宇宙からやってきた悪意ある異星人たちに決定打とはいかなくとも十分な一撃を与えるだけの性能を有し始めている。形状も非常に洗練され、一昔前に比べると性能も格段に上がっている。 今の兵器は確実に、私が子供の時に見た科学兵器に近づいている。 一方で世…

続きを読む

人間止めますか、それとも・・・

慰安婦は天皇制による性暴力 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0809&f=national_0809_128.shtml まともに議論するつもりはありませんが・・・ 「日本人を辞めて下さい」 それだけを言いたかったのです。 あまりにお馬鹿な見出しに怒る気力も湧いてきません。 多分、この著者、その筋の方からたんまり袖の…

続きを読む

いのちのこと (ご大層なタイトルになってしまいました・・・)

最近、動物保護とかなんとか言っている人がいます。正直、そのように声高に叫ぶのは好きではありません。私は単純に人類が生きていくに当たって、必要最小限の命を自然界から感謝を込めて頂き、その善悪を問わないという日本人古来の姿勢を良しとしています。どうも欧米人たちはスターウォーズさながらにシロクロはっきりした善悪のレッテルを貼らないと気が済まないようですが、現実世界ではそんなことはまず不可能です。そして…

続きを読む

「解放戦争」に翻弄された日本人

「解放戦争」に翻弄された日本人 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100903-00000119-san-int この行為は共産主義故なのかロシア民族故なのか。 私は結構ロシアびいきですが、やはり終戦直前のソ連軍侵攻はさすがに良しとしません。 まあ、戦争なのですから正直原爆でも水爆でも何でもありなのですが、兵器の破壊力はともかく国の信頼を破壊…

続きを読む

カーター元大統領のこと

カーター元大統領というと、どうしても軍縮急先鋒派というイメージがありました。 留学中、大学の近くに空軍基地があり、多数のB1爆撃機が駐留していました。 この爆撃機はB52の後継として計画されたのですが、一度はカーター大統領の軍縮政策の一環として凍結されました。 もっとも、今の軍事力は大量の爆撃機による攻撃よりも、テロに対する攻撃が主流になりつつありますが。 政策も今ひとつさえない部分があ…

続きを読む

終戦の日に寄せて

毎年この日にいつも想う事があります。 日本はこの日に戦時下、犠牲になった人を弔います。 海外では9月2日、降伏文書に署名をした日が有名です。そしてたぶんこちらの方が公式です。 (当たり前と言えば当たり前ですが) 8月15日は先帝陛下が国民に対して「ポツダム宣言を受諾した」旨を宣言された日です。 簡単に言うと、相手が戦闘継続をしようがしまいが、日本は天皇陛下の大命によってポツダム宣言を受…

続きを読む

ガキ大将そのまま

トヨタの電子制御システムに問題見つからず=米運輸省 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100811-00000200-reu-bus_all 見つかるわけないよ。 このアメリカ人の幼稚さには本当に呆れる。 (まともなアメリカ人も呆れてます) 日本人をこんな事でバッシングしても長期的に得をするのは日本人。 だってこのバッシングを真に受けて、もっ…

続きを読む

ポール・ティベッツ氏について

原爆投下機長の息子、大使派遣に不満あらわ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100806-00000415-yom-int 私はB29爆撃機「エノラ・ゲイ」の元機長ポール・ティベッツ氏は立派な米国軍人だと思っています。重要な命令を大統領から受けたのですから、やはり優秀な軍人だったのだと思います。もし彼に原爆投下の罪があるという人がいたら、私は絶対に同…

続きを読む

原爆の日に寄せて

今日は人類で初めて、核兵器が用いられてしまったという日です。 現在の所、それはまだ2回しか使われていません。 そしてそのどちらも、日本で使われました。 世界で唯一の有色人種の先進国だったからだと思います。 少なくとも人は何でも分けて区別して上下を付けたがります。 世界はエゴを中心に動いていました。 戦争が終わって65年経ちました。 たぶん先進国の中では一番平和な国だと思います。…

続きを読む

遺骨収集事業

「国民一人一人が出来ることから始めよう 第2回遺骨収集シンポジウム - 産経新聞」について 私の母方の祖父は、昭和19年6月頃、サイパン島に増援に向かった輸送船団の船員でした。戦史資料によると、結局7隻の内、サイパン島に到達できたのはたった1隻だったそうです。祖父はその中の1隻に乗務していたそうです。 2年前、サイパン島に行きました。「サイパン島」は観光地、南海の楽園、と謳われていま…

続きを読む